トップページ>ニュースリリース>2005>酢酸・酢酸ビニルの生産能力を増強

ニュースリリース

酢酸・酢酸ビニルの生産能力を増強

2005年11月16日

昭和電工株式会社(高橋恭平社長)は、合成繊維や接着剤の原料として使用される酢酸および酢酸ビニルについて、来年上期の当社大分コンビナート定期修理時に増強し、現在、酢酸10万トン、酢酸ビニル12万トンの年産能力を、増強後はそれぞれ13万トン、17万5000トンとします。この増強により、当社は東南アジア地区において、アセチルチェーン(酢酸・酢酸ビニル・酢酸エチル等)の競争優位を確固たるものにいたします。
当社は大分コンビナートにおいて、独自に開発した製造プロセスであるエチレン直接酸化法により酢酸の生産を行っております。今般、当プロセスに使用する触媒を改良して活性の向上を図ると共に、運転条件の最適化による触媒の長寿命化を達成いたしました。これにより、酢酸の生産能力は現行比30%増の年産13万トンとなります。酢酸は酢酸ビニル、高純度テレフタル酸、アセテート等の原料として使用されており、需要は年率5%程度増加しています。特に、東南アジア向けを中心とする輸出は年率10%%の伸びとなっており、今後も堅調に伸長することが見込まれています。
また、酢酸ビニルにおいては、生産工程のボトルネックの解消と触媒の改良により、現行生産能力比46%増の年産17万5000トンとします。世界的に需給がひっ迫する中、ビニロン繊維や偏光フィルムに使用されるポバール向け等の需要増加が予想されており、今後も堅調に伸長する見込みです。
当社は、石油化学分野の中核事業であるオレフィンと、その誘導品であるアセチルチェーンの生産技術の深化と事業強化を図ってきました。アセチルチェーンに関しては、当社独自技術による“コンパクト”かつ“副産物発生の少ない”プロセスを実現し、初期投資とランニングコスト両面における競争優位を実現しました。今後も、大分コンビナート、徳山事業所、関係会社である昭和エステリンド・インドネシアの3生産拠点体制により、積極的な事業展開を図ってまいります。

以上

(ご参考)
    現能力 新能力 増加 備考
酢酸 大分 100,000 130,000 30,000 30%  
酢酸ビニル 大分 120,000 175,000 55,000 46%  
酢酸エチル 大分 100,000 100,000 日本酢酸エチル(株)
徳山 150,000 150,000  
インドネシア 50,000 50,000 PT.昭和エステリンド・インドネシア
(300,000) (300,000)  

【ご参考】酢酸プラント(大分コンビナート)