トップページ>ニュースリリース>2005>カーエアコン用新型熱交換器の事業展開について

ニュースリリース

カーエアコン用新型熱交換器の事業展開について

2005年11月21日

 昭和電工株式会社(高橋恭平社長)は、カーエアコン用熱交換器事業において、優れた性能を発揮する新型のコンデンサー(冷媒の液化器)“NRT (New Refrigerant Tube)III ”(以下、NRTIII :エヌアールティースリー)を開発し、販売を開始いたしました。NRTIII は、本年8月にフルモデルチェンジされたスズキ株式会社のエブリィに搭載されている他、国内外の自動車メーカーが来年以降にモデルチェンジを予定する数種類の車種にも搭載されることが決定しております。
コンデンサーは、カーエアコン用熱交換器の主要部品であり、冷媒が流れる「チューブ(冷媒管)」と「ヘッダー(集合管)」、冷媒と空気の熱交換を行う「フィン(放熱板)」で構成しますが、お客様である自動車メーカーより、小型化、軽量化および高性能化のご要請をいただいております。当社は、アルミ材料メーカーとして長年培った経験と技術を活かし、最良の熱交換効率を実現する機構(部品や形状)設計技術に、アルミ材料に関するノウハウと精密加工技術を融合させ、設計から生産までの一貫体制によりこれにお応えいたしました。
NRTIII は、チューブおよびチューブ内の回路(冷媒の通り道)を形成する方法として、従来の“押出加工”に代えて、“高速ロールによる圧延加工”を行なったアルミ板を折り曲げ接合(ロールフォーミング加工)する方式を採用し、従来品に比べ20%を超える高性能化を実現いたしました。特長は以下の通りです。

  • 1)複雑かつ精密な回路形成が可能となり、冷媒の伝熱面積が極大化し液化効率が向上した。
  • 2)“押出加工”では限界に達していたチューブの薄型化(1.5mm → 1.1mm)を実現し、コンデンサーを小型化した。
  • 3)薄型化により回路の内容積が小さくなり、冷媒の使用量が減少した。
  • 4)フィンの薄肉化やヘッダーの細径化、および高性能化によりコンプレッサー(冷媒の圧縮機)の負荷の低減を実現し、カーエアコンのみならず自動車の軽量化・省エネルギー化にも貢献した。

当社の熱交換器事業では、この他にもエバポレーター(冷媒の気化器)、ヒーターコア(温水と空気の熱交換器)において、チューブおよびフィンの薄型化、形状の最適化により、性能を5~10%向上させた新製品を開発いたしております。
エバポレーターおよびヒーターコアは、すでにGM社に採用されているほか、国内外の自動車会社での採用が進んでおります。

以上

(ご参考)