トップページ>ニュースリリース>2005>ハードディスク第4工場をシンガポールに新設 -最新技術による生産拡大により、世界No.1サプライヤーへ-

ニュースリリース

ハードディスク第4工場をシンガポールに新設 -最新技術による生産拡大により、世界No.1サプライヤーへ-

2005年11月29日

 昭和電工株式会社(高橋恭平社長)は、急増するお客様の需要にお応えするため、シンガポールにハードディスク第4工場を新設いたします。本年12月に着工し、2006年後半に完工、稼動開始の予定です。

ハードディスクは、既存用途であるパソコン向けに加え、近年、HDD(DVD)プレーヤー、携帯音楽プレーヤーなどのコンシューマーエレクトロニクス(CE)向け等に需要が急増し、供給逼迫の状況が続いています。また、来年以降、ハードディスクを搭載した携帯電話の発売によりさらに市場は拡大し、今後も年率15%以上の成長が続くものと見込まれております。

映像記録等に必要な高容量化を実現するため、ハードディスク表面はナノレベルでの製造技術が必要です。また、急速に拡大するCE用途に使用されるHDDは高い信頼性が必要であり、高品質のハードディスクに対する需要は一層強くなっています。本年6月に当社は世界で初めて次世代技術の垂直磁気記録方式のハードディスクを、また、7月に世界最小の0.85インチサイズのハードディスクを相次いで量産化するなど、業界をリードする高い技術開発力を持ち、ハードディスク外販メーカーとして、現在世界トップの生産能力を保有しております。こうしたことから、当社の高品質ハードディスクに対するお客様からの供給ご要請は極めて強く、当社の現状の生産能力を超過するレベルに達しております。こうしたご要請にお応えするため、当社は今般、ハードディスクの生産拠点としては4つめとなる工場をシンガポールに建設することといたしました。

投資額は、建屋とクリーンルームをあわせて約100億円の予定であり、クリーンルームの完成後、生産設備の導入を順次進めてまいります。

当社は、既に発表のとおり、ハードディスクの生産能力を来年の3月までに3拠点を併せて現行の月産1,070万枚から305万枚増やし月産1,375万枚としますが、当シンガポール新工場の稼動によってさらに増強をはかり、2008年までに月産2,400万枚に引き上げる計画です。

尚、12月2日、シンガポール パイオニア・クレッセント地区において、新工場の起工式を行います。

シンガポール新工場の概要

1.工場建設地 シンガポール共和国 パイオニア・クレッセント地区
2.操業開始 2006年11月
3.敷地面積 68,000m2
4.生産品目 アルミ・ガラス製ハードディスク(0.85~3.5インチ)
5.投資予定金額 約100億円(建屋とクリーンルームのみ)

以上

【ご参考1】ハードディスク需要予測

【ご参考2】ハードディスク第4工場完成予想図