トップページ>ニュースリリース>2006>メタリック塗装向けアルミニウムペーストの価格改定について

ニュースリリース

メタリック塗装向けアルミニウムペーストの価格改定について

2006年2月16日

昭和アルミパウダー株式会社
昭和電工株式会社

 昭和電工株式会社(高橋恭平社長)の連結子会社である昭和アルミパウダー株式会社(本社:奈良県御所市、徳田精徳社長)は、アルミニウムペースト「商品名:Sap®」の価格改定を下記の通り行うことを決定し、この度、お客様との交渉を開始いたしました。

1.価格改定の内容

① 価格改定幅

汎用品グレード:10%(平均:50円/kg)
少量特殊品グレード:5%(平均:100円/kg)

② 実施時期

2006年4月1日出荷分より

2.価格改定の背景

「Sap®」は、主原料であるアルミニウム箔やアルミニウム粉にナフサを基礎原料とする各種溶剤を加え、粉砕や圧延などの処理を施してペースト状とした製品であり、自動車や各種家電製品のメタリック塗装・印刷用顔料として、幅広い分野の工業製品で利用されております。

「Sap®」の汎用品グレードにおいては、アルミニウム地金価格の国際指標であるLME価格の高騰や国産ナフサ価格の急騰により、原材料やエネルギー等の生産コストが急激に上昇しております。
また、「Sap®」の少量特殊品グレードにつきましては、上記に加え、様々な高機能を付加する添加剤等の副資材の価格も値上がりしていることから、製品コストのさらなる上昇を招いております。

昭和アルミパウダー(株)は、営業体制を改め製販一体体制とする等、これまで合理化によるコストダウンに努めてまいりました。しかしながら、上記の原料やエネルギーコストの高騰は自助努力の範囲を超えており、今般、お客様にその一部のご負担をお願いせざるを得ないとの結論に達しました。

以上

お客様お問合せ先:
昭和アルミパウダー(株) 営業部 03-5470-3610