トップページ>ニュースリリース>2006>世界最小(*1) 0.85型ハードディスクメディアが東芝製携帯電話に採用

ニュースリリース

世界最小(※1) 0.85型ハードディスクメディアが東芝製携帯電話に採用

2006年3月7日

 昭和電工株式会社(高橋恭平社長)の世界最小0.85型ハードディスクメディアは、株式会社東芝製au携帯電話“MUSIC-HDD W41T”(写真1)に採用されました。

 今回採用されたハードディスクメディアは、当社が2005年6月に量産を開始した世界最小(※2) の100円硬貨大(約 22mm)ハードディスクメディアです。当製品を使用したハードディスクドライブ(HDD)は、現在、一般的に携帯電話のメモリーとして使用されているメモリーカードとほぼ同サイズであり、今後、普及が見込まれる携帯電話での音楽配信サービスなどに対応した大記録容量を可能としました。(写真2)

 “W41T”は、auの総合音楽サービス「au LISTEN MOBILE SERVICE」に対応し、4GBのHDD搭載によって約2,000曲の保存が可能な新世代の携帯電話です。パソコン経由での音楽CDの転送や、配信サービスでのダウンロードにより音楽を楽しむことができる他、最大約5,000枚の画像や最長約18時間の動画を保存することが可能です。

 当社はハードディスクメディア外販メーカーとして世界最大(※3)の供給能力を持ち、かつ、最先端製品を市場にいち早く投入しています。2005年は 0.85型ハードディスクメディアの量産化に加え、記録容量の飛躍的向上をもたらす垂直磁気記録方式ハードディスクメディアの世界初の量産出荷を6月に開始しています。

 また、現在、11月操業開始の予定でシンガポールにハードディスクメディア新工場の建設を進めています。当工場を中心に既存の千葉・シンガポール・台湾3拠点の増強も行い、2008年末までに2005年能力の2.2倍の2,400万枚/月の生産能力とする予定です。

以上

※1,2,3 2006年3月現在 当社推定

(写真1)MUSIC-HDD W41T


(写真2)100円硬貨 0.85HDD 0.85メディア

◆ お問合せ先:
IR・広報室 03-5470-3235