トップページ>ニュースリリース>2006>梱包材料事業における提携について -PPバンド事業会社の設立(平成ポリマー(株))

ニュースリリース

梱包材料事業における提携について -PPバンド事業会社の設立(平成ポリマー(株))

2006年3月16日

司化成工業株式会社
平成ポリマー株式会社
ダン産業株式会社

 司化成工業株式会社(社長:阿部盛旺)、平成ポリマー株式会社(昭和電工100%子会社、社長:山田孝雄)、ダン産業株式会社(社長:立石敬之)は、荷物の結束に利用するポリプロピレン樹脂を原料とするバンド(以下、PPバンド)事業の競争力を強化するための業務提携を行い、3社で合弁会社を設立いたします。

 PPバンドは、荷造りの必需品として普及しており、製造業界、流通業界から農林・漁業にいたるまでの幅広い分野で必要不可欠な梱包資材として取り扱われ、国内の市場規模は年間150億円程度と推定されています。

新会社は、平成ポリマー株式会社よりPPバンド事業(ブランド名「シヨウバンド®」)を譲り受けると共に、司化成工業株式会社のバックアップを得て、梱包用ストレッチフィルム、エアー緩衝材等の販売も併せて行います。新会社の本格的な営業開始は7月1日を予定しています。新会社の売上は通年ベースでは13 億円を予定しています。

 平成ポリマーのPPバンド事業は、1968(昭和43)年に昭和電工株式会社が、当時の合成樹脂事業の一環として、PPバンドの製造会社であるダン産業と提携・事業化したのに端を発し、その後昭和電工株式会社の子会社である平成ポリマー株式会社が営業権を継承して、現在に至っています。平成ポリマー株式会社とダン産業株式会社はPPバンド事業強化のため、司化成工業株式会社との提携により多様化を進め、お客様のニーズにお応えできる体制となります。

 司化成工業株式会社は、PPバンドの製造ならびに販売に加えて様々な梱包資材を取り扱い国内有数の競争力を有しています。今般の新会社の設立により、生産体制の更なる効率化、技術の高度化の追求、グループとしての販売網の拡大を進めてまいります。

以上

【新会社の概要】

商号 ショウバンド株式会社
代表者 取締役社長 佐紺 悠一 (司化成工業(株) 常務取締役)
本社所在地 東京都台東区東上野1-11-4
会社設立日 2006年3月15日
資本金 2千万円
売上見込 年商 約13億円
株主構成 司化成工業株式会社 60%
ダン産業株式会社 30%
平成ポリマー株式会社 10%
主な事業内容 PPバンド、梱包用ストレッチフィルム、エアー緩衝材、シュリンクフィルム等の販売

◆ 本件に関するお問合せ先:
司化成工業株式会社  総務部 永田 照彦(TEL:03-3835-0531)
平成ポリマー株式会社 総務部 平野 芳信(TEL:029-830-0234)
ダン産業株式会社    管理部 立石 善久(TEL:0944-73-5191)

【ご参考】

1.司化成工業株式会社

本社 東京都台東区東上野1丁目11番地4号
設立 1968(昭和43)年12月
資本金 2億円
代表取締役社長 阿部盛旺
事業内容 総合梱包資材、各種包装機械の製作・販売及びPPバンドプロセスの販売
主要株主 鈴木健一、三菱商事プラスチック(株)他

2.平成ポリマー株式会社

本社 茨城県かすみがうら市下稲吉2591番地
設立 1943(昭和18)年7月
資本金 1億円
代表取締役社長 山田孝雄
事業内容 合成樹脂製品の製造・販売
株主 昭和電工100%(昭和電工の連結子会社)

3.ダン産業株式会社

所在地 福岡県柳川市三橋町磯鳥238
設立 1964(昭和39)年3月
資本金 3千万円
代表取締役社長 山立石敬之
事業内容 PPバンド製造、油吸着材の製造・販売