トップページ>ニュースリリース>2006>光硬化性樹脂添加剤「カレンズ® MT」販売開始

ニュースリリース

光硬化性樹脂添加剤「カレンズ® MT」販売開始

2006年4月11日

-世界で初めて多官能チオールの添加剤を実用化し、光硬化機能を大幅に向上-

 昭和電工株式会社(社長 高橋恭平)は、液晶ディスプレーや半導体等の製造に使用される「カレンズ®」シリーズの新製品「カレンズ® MT」を開発し、今月より販売を開始いたします。「カレンズ® MT」は、世界初の多官能チオール※1タイプの光硬化性樹脂添加剤であり、以下の特長を持ちます。

  • 1.光硬化性樹脂の硬化性を格段に向上させる
  • 2.光硬化性樹脂の、ガラス、金属、PET樹脂等の基材への密着性を向上させる
  • 3.空気中の酸素と反応しにくいことから、光硬化性樹脂の薄膜の生成を容易にする

 これまで、多官能チオールは、反応が早すぎて作業可能時間(ポットライフ)が短く使いづらいという難点があり、実用化が困難でした。今般、当社はこの問題点を、分子構造と製造プロセスを最適化することで克服し、世界で初めてその商品化に成功いたしました。

 新製品「カレンズ® MT」によって、光硬化性樹脂の設計の自由度、光硬化膜の品質・生産性を飛躍的に向上させることが可能となり、顧客の生産性の向上、コストダウンに貢献できます。

 当社は、樹脂等と混合して光硬化性を付与するイソシアネートモノマー※2(商品名:「カレンズMOI®」、「カレンズAOI®」、「カレンズBEI®」)を販売しています。今般、光硬化性樹脂への添加によってその光硬化性を大幅に向上させる「カレンズ® MT」をラインナップに加えることにより、「カレンズ®」シリーズの総売上高を、2008年には現状の約2倍の15億円とする計画です。

 なお、新製品は、4月13日のラドテック研究会、5月25日の高分子学会において発表の予定です。

  • ※1多官能チオール:同一分子内に複数のチオール基を有する化合物
  • ※2イソシアネートモノマー:さまざまな物質と容易に反応するイソシアネート基と、容易に重合する性質を持つ基とが分子内に存在するモノマー

以上

◆ お客様お問い合わせ先:特殊化学品部:
ファインケミカルズグループ 044-329-0726
(「カレンズ®」シリーズホームページ:http://www.karenz.jp