トップページ>ニュースリリース>2006>アルミ缶用新軽量缶蓋「スーパーエンド」の事業化について(昭和アルミニウム缶(株))

ニュースリリース

アルミ缶用新軽量缶蓋「スーパーエンド」の事業化について(昭和アルミニウム缶(株))

2006年4月12日

昭和アルミニウム缶株式会社
昭和電工株式会社

 昭和電工株式会社(社長 高橋恭平)の連結子会社 昭和アルミニウム缶株式会社(本社 東京都港区、社長 大西健介)は、今般、米国クラウン社よりアルミ飲料缶用の次世代軽量缶蓋「スーパーエンド(SuperEnd®)」の製造・販売に関するライセンスを、国内製缶メーカーで初めて取得いたしました。今後、お客様への提案を行うと共に採用に向けた開発・改良を進め、年内にも量産を開始する予定です。

 クラウン社が開発した「スーパーエンド」は、海外では既に400億缶以上の量産の実績を持つ製品であり、独自の缶蓋形状によって耐圧強度を高めつつ表面積と板厚を減少することで軽量化を実現したものです。当製品は、一般的な350ミリリットル缶の缶蓋(206径)の場合、現行品に比べ1枚あたり約 0.5グラム軽く、国内で最軽量の缶蓋となります。また、従来の缶蓋に比べタブへの指掛りが良く、開け易いという利点も持ちます。
缶胴は従来品と同等のものが使用可能であり、お客様の飲料充填ラインにおいては少ない費用で従来の缶蓋からの転換が可能です。

 アルミ缶リサイクル協会は、環境負荷の軽減に向け3R(リデュース・リユース・リサイクル)を推進しており、協会策定の「自主行動計画」においてはアルミ缶の重量を2010年までに2004年比1%の軽量化の達成を目標としています。「スーパーエンド」は、この目標の達成に貢献する製品です。

以上

(ご参考)

[昭和アルミニウム缶株式会社 概要]

売上高 約350億円(2005年)
資本金 21.6億円
資本構成 昭和電工(株)85%出資
事業概要 飲料用アルミニウム缶の製造販売
事業所 小山(栃木県) 彦根(滋賀県) 大牟田(福岡県)

[クラウン社(Crown Holdings Inc.)概要]

本社所在地 米国ペンシルヴァニア州フィラディルフィア
事業内容 飲料缶(世界3位)、食料缶、エアゾール缶、キャップ(各々世界1位)等の製造・販売を行う、総合容器メーカーグループ
売上高 約73億ドル(2004年)
従業員数 27,500人
生産拠点 ヨーロッパ、北米を中心に、世界43カ国185工場

◆ お客様お問合せ先:
昭和アルミニウム缶(株)
技術センター(田代) 0285-23-1121