トップページ>ニュースリリース>2006>コンデンサー用高純度アルミ箔の生産増強について

ニュースリリース

コンデンサー用高純度アルミ箔の生産増強について

2006年4月24日

昭和電工株式会社(社長 高橋恭平)は、今般、デジタル機器や自動車向け等に使用されるアルミ電解コンデンサーの主要材料である高純度アルミ箔の生産増強を行うことを決定いたしました。

 コンデンサー用高純度アルミ箔は日用品等で使用される一般のアルミ箔と異なり、純度99.99%の高純度アルミ塊を圧延することにより生産されます。今般、高純度アルミ箔製造を行う連結子会社昭和電工堺アルミ株式会社(大阪府堺市 社長 尾野元英)における高純度アルミ塊の精製能力を、1系列増設することにより月産1,000トンから1,500トンに引き上げます。

 今般の生産体制の増強等により、当社はコンデンサー用高純度アルミ箔の国内シェアを現在の40%*から2008年には50%に引き上げます。

2006年4月発表時点、当社推定

以上


アルミ電解コンデンサーのアルミ箔使用例(内側の銀色部分がアルミ箔)