トップページ>ニュースリリース>2006>昭和アルミパウダー株式会社の株式譲渡について

ニュースリリース

昭和アルミパウダー株式会社の株式譲渡について

2006年4月27日

伊藤忠商事株式会社
伊藤忠ケミカルフロンティア株式会社
昭和電工株式会社

 今般、伊藤忠商事株式会社(東京都港区、社長 小林栄三、以下「伊藤忠」)及び伊藤忠ケミカルフロンティア株式会社(東京都港区、社長 佐藤潤、以下「伊藤忠ケミカルフロンティア」)と昭和電工株式会社(東京都港区、社長 高橋恭平、以下「昭和電工」)の3社は、今年5月下旬を目処に、昭和電工の100%子会社である昭和アルミパウダー株式会社(奈良県御所市、社長 徳田精徳、以下「昭和アルミパウダー」)の株式の移動を行うことを、基本合意いたしました。これにより、伊藤忠と伊藤忠ケミカルフロンティアは、昭和アルミパウダーの発行済み株式のそれぞれ51.06%、34.04%を取得することになりますが、昭和電工は引き続き14.9%を保有いたします。

 昭和アルミパウダーは、1966年に設立され、奈良県御所市に本社を置くアルミニウムペーストの製造・販売メーカーであり、プラスチック塗料用途の国内トップシェア-を有し、その製品は携帯電話やデジタル家電などのメタリックシルバー色の顔料として幅広く使われております。
 また、伊藤忠の子会社伊藤忠ケミカルフロンティアはコア事業である塗料関連ビジネスの中で、特に塗料原料分野を成長戦略分野と位置付け、競争力のある商品の取り扱いに注力し、北米、アジアを中心にビジネスを拡大しております。今般、昭和アルミパウダーと既存事業とのシナジーにより、一層のビジネス強化を図りたいと考えております。
 昭和電工は、昭和アルミパウダーへの伊藤忠および伊藤忠ケミカルフロンティアの出資により、アルミニウムペースト事業のより強固なマーケットポジションの構築が可能と判断し株式の譲渡を決定いたしました。

 伊藤忠と伊藤忠ケミカルフロンティアは、昭和アルミパウダーの社名・経営陣・従業員・工場・製品ブランドを継承し、今後も携帯電話やデジタル家電を中心としたプラスチック塗料マーケットの大きな成長が期待される中国・アジア地区をメインターゲットとして、両社のネットワークとマーケティングノウハウを生かし、拡販を強化してまいります。また、引き続き昭和電工からの技術サポートも得て、製品ラインの強化拡充と新製品の開発にも力を注いでまいります。

以上

◆ 本件に関するお問い合わせ先:
伊藤忠商事(株) 広報部報道チーム 03-3497-7294 伊藤忠ケミカルフロンティア(株)経営企画部 03-3497-4530 昭和電工(株) IR・広報室 03-5470-3235

<各社概要>

昭和アルミパウダー株式会社

本社所在地 奈良県御所市大字室410番地
設立 1966年8月
資本金 200百万円
代表取締役社長 徳田 精徳
事業内容 アルミニウムペーストの製造・販売

伊藤忠商事株式会社

本社所在地 東京都港区北青山二丁目5番1号
設立 1949年12月
資本金 202,241百万円
代表取締役社長 小林 栄三
事業内容 総合商社

伊藤忠ケミカルフロンティア株式会社

本社所在地 東京都港区北青山二丁目5番1号
設立 1971年9月
資本金 1,100百万円(伊藤忠商事95.54%出資)
代表取締役社長 佐藤 潤
事業内容 化学品の輸出入及び国内販売

昭和電工株式会社

本社所在地 東京都港区芝大門一丁目13番9号
設立 1939年6月
資本金 110,451百万円
代表取締役社長 高橋 恭平
事業内容 石油化学製品、化学製品、電子・情報材料製品、アルミニウム製品等の製造・販売