トップページ>ニュースリリース>2006>ハードディスク月産1,375万枚体制への生産能力増強を完了

ニュースリリース

ハードディスク月産1,375万枚体制への生産能力増強を完了

2006年5月8日

昭和電工株式会社(社長 高橋 恭平)は、昨年より実施してまいりました千葉・シンガポール・台湾3拠点での生産ライン追加や工程改善によるハードディスク生産体制の増強を完了し、4月より従来比305万枚増の月産能力1,375万枚体制での本格生産を開始いたしました。

今般の能力増強はハードディスクの需要の増加に対応するものです。主要な用途であるパソコンにおいては、ノートPCやデスクトップPCの記録容量の拡大に加え、中国やインド等で需要が伸びています。また、最近では携帯音楽プレーヤー、HDDレコーダー、カーナビ等デジタル家電、さらに今年 2月にはハードディスク搭載の携帯電話が国内で初めて販売されるなど用途開発も進展しており、依然としてお客様より強い供給増のご要請をいただいております。

当社は昨年6月、記録容量の飛躍的拡大を可能とする新技術の“垂直磁気記録方式”を世界で初めて実用化しており、今回追加した生産ラインはすべてこの垂直磁気記録方式ハードディスクの生産に対応しています。

堅調に推移する見込みの需要にお応えするため、現在、当社はシンガポールに新工場を建設中です。建屋・クリーンルームの完成後、製造ラインの導入を順次進める予定であり、新工場第一期ラインでの生産を年内に開始する予定です。当新工場の生産能力に加え、既存3拠点での設備増強を引き続き行うことにより、2008 年末における当社グループの生産能力を月産2,400万枚に引き上げる予定です。

なお、当社は本年第1四半期において、2.5インチサイズ1枚当たりの記録容量60GB以上の製品出荷が既に70%を超えているとともに、3.5インチサイズについても100GB超製品の出荷が過半に近づいております。

当社は現在推進中の連結中期経営計画「プロジェクト・パッション」においてハードディスク事業を成長ドライバーと位置づけ、積極的な投資を行うと共に世界最先端技術による高機能製品の開発と市場投入を行っております。今後も拡大する市場に対し、タイムリーな製品投入を行い、お客様のご期待にお応えしてまいります。

【写真1】サイズ別ハードディスク
上段(左より) 100円硬貨、0.85ハードディスクドライブ、0.85インチ・1インチ 各ハードディスク
下段( 〃 ) 1.89インチ・2.5インチ・3.5インチ 各ハードディスク

【写真2】当社ハードディスク工場 クリーンルーム内