トップページ>ニュースリリース>2006>アルミニウム一般箔製品の価格改定について

ニュースリリース

アルミニウム一般箔製品の価格改定について

2006年6月7日

 昭和電工株式会社(社長 高橋恭平)は、医薬品や食品などの包装に使用されるアルミニウム一般箔製品の価格改定を下記のとおり実施することを決定し、今般、お客様との交渉を開始いたしました。

 当社は、昨年7月以降の原料アルミニウム地金の急激な価格上昇を受けて2005年12月に製品価格改定を発表し、交渉の結果本年4月までにすべてのお客様から地金高騰分について価格転嫁のご了解をいただくことができました。

 しかしながら、本年1月に入ってからもアルミニウム市況はさらに上昇を続けており、こうした状況下、今後とも一般箔製品の安定的な供給を継続してまいるため、現行のアルミニウム市況価格を反映させた販売価格への改定を実施させていただくことといたしました。

 また、今回の価格改定にあわせ、アルミニウム市況価格に連動しない、いわゆる「モノ価格」方式にて購入をいただいているお客様に、アルミニウム市況価格にスライドした価格決定方式への変更をお願いしてまいります。

1. 価格改定幅 100円/kg
2. 実施時期 2006年7月出荷分より

以上

◆ 本件に関するお問合せ先:
IR・広報室 03-5470-3235