トップページ>ニュースリリース>2006>ハードディスク生産能力の200万枚増強について-月産1,575万枚体制(外販メーカー世界最大規模)へ-

ニュースリリース

ハードディスク生産能力の200万枚増強について

2006年6月22日

-月産1,575万枚体制(外販メーカー世界最大規模)へ-

 昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は、ノート型パソコンや携帯音楽プレーヤー向け等に需要が旺盛なハードディスク事業に関し、台湾の生産拠点である昭和電工HDトレース社に生産設備を追加・新設するとともに、既存生産拠点での生産性向上により、全世界での供給能力を200万枚増強して月産1,575万枚体制といたします。増設の完了は年内を見込み、本件に関する設備投資額は80億円の予定です。
 当社は昨年から実施していた月産305万枚の能力増強を完了し、既に本年4月より1,375万枚の生産体制としていますが、依然お客様からの強い早期出荷要請のすべてにお応えできない状態が続いております。このような状況への短期的な対応策として、今般の増強投資を決定いたしました。
 また、コンシューマーエレクトロニクス向けを中心とするハードディスクの今後の著しい需要増への中・長期的な対応策として、本年11月の完成を目指しシンガポールに世界最大規模のハードディスク新工場の建設を行っています。シンガポール新工場は2007年第1四半期中に量産出荷を開始する予定です。新工場建屋の完成後に生産ラインの設置を順次行い、今回の200万枚の増強を含め2008年末時点での当社のハードディスク生産能力を月産2,400 万枚といたします。
 当社は、ハードディスク外販メーカーとして世界最大のシェアを持っております。連結中期経営計画「プロジェクト・パッション」において当事業を「成長ドライバー」と位置付けており、2008年までの3年間に900億円の集中投資を行うことにより、さらなる事業強化を図ってまいります。

以上

【昭和電工HDトレース社(台湾)】

【建設中のシンガポール新工場 2006年6月21日】

◆ 本件に関するお問合せ先:
IR・広報室 03-5470-3235