トップページ>ニュースリリース>2006>液化アンモニアの価格改定について

ニュースリリース

液化アンモニアの価格改定について

2006年7月6日

 昭和電工株式会社(社長 高橋恭平)は、液化アンモニアの価格改定を以下のとおり行うことを決定し、お客様との交渉を開始いたしました。

1. 価格改定の内容

①上昇幅

液化アンモニア 船舶・タンクローリー扱い 12円/kg以上
液化アンモニア ボンベ扱い 20円/kg以上
アンモニア水 ローリー扱い 3円/kg以上

②実施時期

2006年7月21日出荷分より

2.価格改定の背景

 当社は2005年12月に製品価格の改定を発表し、これまでに大部分のお客様から改定のご理解をいただきました。しかしながら前回の価格改定発表以降もナフサ等の原燃料、物流等のコストは上昇を続けており、当社の合理化努力によるコスト増分の吸収は、すでに限界となっています。

 このため、原燃料の安定確保や製品の安定供給を維持するため、お客様にその一部のご負担をお願いせざるを得ないとの結論に達しました。

 液化アンモニアは、ナイロンやアクリロニトリル等の合成繊維原料、火力発電所等の排煙に含まれる窒素酸化物(NOx)の除去、金属表面処理などの一般工業用や肥料用など幅広く使用されております。当社の川崎事業所は、関東以北で唯一の液化アンモニアの製造拠点です。船舶、鉄道貨車、タンクローリーによる大量輸送からボンベによる小口輸送まで、お客様のさまざまなニーズにお応えできる供給体制を整えています。

以上

◆ 報道機関お問合せ先:
IR・広報室 03-5470-3235