トップページ>ニュースリリース>2006>中国における第2の磁石合金生産工場の建設開始

ニュースリリース

中国における第2の磁石合金生産工場の建設開始

2006年8月24日

-高性能ネオジム系磁石合金用原料を安定確保-

 昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は、中国江西省贛州(ガンシュウ)市に東海貿易株式会社(社長:三井 元)および中国のレアアース(※1)原料メーカー2社と共同で、合弁会社「贛州昭日稀土新材料有限公司」(以下、新会社)を新たに設立しました。これにより、今後急速な伸びが見込まれる自動車等向け高性能磁石の原料となる希少元素のディスプロシウムやテルビウム(※2)の安定調達が可能となります。新会社の設立により当社の中国での磁石合金事業は2拠点で合計3,000トンの生産体制となります。

 自動車向けに使用されるネオジム(※3)系磁石には、高温での磁力特性確保の必要性からディスプロシウムやテルビウムを添加する必要があります。これらは世界でも江西省・広東省・福建省などの中国南部のみに偏在する希土鉱石であるイオン吸着鉱(※4)を原料とするため、その安定確保が最大の課題となっていました。新会社のパートナーとなる贛州虔東(ガンシュウケンドン)実業集団有限公司と贛県紅金(ガンケンホンジン)稀土有限公司の両社は、イオン吸着鉱の鉱山、ならびに分離精製と金属精錬工場を保有する中国国内トップクラスのレアアース原料メーカーです。

 本日現地にて起工式を行い、建設工事に着手いたします。2007年下期より、ストリップキャスト法(※5)による年間2,000トンの高性能ネオジム系磁石合金の生産を開始する予定です。

 当社は2002年、中国内蒙古自治区包頭(パオトウ)地区にネオジム系磁石合金の製造会社包頭昭和稀土高科新材料有限公司を設立し、既に年産 1,000トンの生産を行っています。新会社と併せ当社の中国での磁石合金の生産能力は年間3,000トンとなります。磁石合金の主要原料であるネオジムやディスプロシウムは、旺盛な需要の一方で中国国内での生産抑制、増値税の還付廃止、および輸出枠の削減等により、今後さらなる市況価格の上昇と輸出量の大幅な減少が懸念されています。当社は磁石合金の現地生産化により、高性能ネオジム系磁石合金の安定供給体制を実現いたします。

 ネオジム系磁石は、ハードディスクドライブのボイスコイルモーター(※6)やMRI(※7)の磁気回路、携帯電話等に用いられています。また、最近ではハイブリッド車や電動パワーステアリング等に向けた需要が急増しており、年率15%以上の成長が見込まれています。

 昭和電工グループは、現在推進中の連結中期経営計画「プロジェクト・パッション」において電子・情報セグメントに積極的な投資を行っております。今後とも、お客様にご満足をいただく製品を提供するため、原料の安定確保を図るとともに、さらなる技術開発を進めてまいります。

以上

  • ※1レアアース(希土類):原子番号57番のランタン(元素記号La)から71番のルテシウム(同Lu)までの15元素のグループ(ランタノイド)に、原子番号21番のスカンジウム(元素記号 Sc)と39番のイットリウム(同 Y)を加えた17元素の総称。チタン鉱石や鉄鉱石等の副産物として産出され、産地としては、中国、豪州、インド等に偏在している。
  • ※2ディスプロシウム(元素記号 Dy)やテルビウム(同 Tb):レアアースの種類。磁石材料をはじめ蛍光体や光磁気メモリーに使用される。
  • ※3ネオジム(元素記号 Nd):レアアースの一種。強力な磁力を持つネオジム系磁石の主要原料。
  • ※4イオン吸着鉱:蛍光体用のイットリウム、ユウロピウム(元素記号 Eu)や磁石用のネオジム、ディスプロシウム等を含有する鉱石であり、中国江西省、広東省、福建省に分布する。
  • ※5ストリップキャスト(SC)法:溶解したレアアース原料を水冷ロール上で急速に冷やすことにより高性能磁石合金を製造する方法。微細な鋳造組織の生成を可能とする。
  • ※6ボイスコイルモーター:HDDのヘッドの位置決め、カメラのズームなどに幅広く使われるモーター。
  • ※7MRI:磁気共鳴画像のことで、身体の断面の画像を映し出し、検査に利用される。

【ご参考】

1. 新会社の内容

(1)社名 贛州昭日稀土新材料有限公司
(2)所在地 江西省贛州経済技術開発区工業園
(3)登録資本 9億円
(4)設立 2006年8月 営業許可取得済み
(5)出資比率 昭和電工株式会社 80%
東海貿易株式会社 10%
贛州虔東実業集団有限公司 5%
贛県紅金稀土有限公司 5%
(6)事業内容 ネオジム系磁石合金の生産  2,000トン/年
(7)販売先 世界の高特性磁石製造メーカー各社
(8)社員数 約70名
(9)売上高 年間40~50億円(予定)
(10)代表者 董事長  橋本 忠浩(昭和電工株式会社 上級技監)
総経理 河村 伸彦(   〃     電子材料事業部製造部長)

2. 工場建設スケジュ-ル

2006年 8月 建設開始
2007年 7月 建設完了・試運転開始

3. 出資会社の概要

設立 業種 資本金
昭和電工株式会社 1939年 化学 1,104億円
東海貿易株式会社 1981年 貿易 10百万円
贛州虔東実業集団有限公司 1988年 希土生産 14億円
贛県紅金稀土有限公司 2001年 希土生産 2億円


贛州市全図(贛州市HPより引用)


ストリップキャスト法模式図

◆ 本件についてのお問い合わせ:
昭和電工株式会社 IR・広報室 03-5470-3235