ニュースリリース

子会社の解散について

2006年11月13日

各  位

昭和電工株式会社
代表者 取締役社長 高橋恭平
(コード番号 4004 東証第1部)
問合せ先  IR・広報室長 佐藤勝信
TEL.03-5470-3235

 当社は、当社子会社であるショウワ・アルミナム・インドネシアを解散することを決定いたしましたので、お知らせいたします。

1.解散の理由

ショウワ・アルミナム・インドネシアは主に冷蔵庫用のロールボンド熱交換器の製造を行ってまいりましたが、インドネシア国内への中国からの安価品の流入等により、市場環境が悪化し、今期は赤字決算が確実な上、今後の業績の好転も困難な状況です。

2.ショウワ・アルミナム・インドネシアの概要

会社名(英文社名) ショウワ・アルミナム・インドネシア(PT. SHOWA ALUMINUM INDONESIA)
所在地 Kawasan Industri Indotaisei Sektor 1A, Blok F-4, Cikampek-Jawa Barat, Indonesia
代表者 間中 清吉
資本金 7,233百万ルピア (約93百万円*)
総資産 28,578百万ルピア (約366百万円*)(平成17年12月期)
決算期 12月末
従業員数 48人(平成18年10月末現在)
株主 昭和電工株式会社 90%
アルコニックス株式会社 10%
*1円=78ルピア(11月2日)で換算

3.ショウワ・アルミナム・インドネシア 最近3年間の業績

平成15年12月期 平成16年12月期 平成17年12月期
売上高 32,949 29,487 29,906
経常利益 1,477 593 1,894
当期純利益 854 261 1,191
(単位:百万ルピア)

4.解散に伴う影響額

本解散に伴う、当社の当期業績への影響は軽微です。

5.日程

平成19年4月 清算開始(予定)
平成20年3月 清算結了(予定)

以上