トップページ>ニュースリリース>2006>平成ポリマー株式会社の株式を東洋電化工業株式会社が譲受(東洋電化工業株式会社との共同リリース)

ニュースリリース

平成ポリマー株式会社の株式を東洋電化工業株式会社が譲受(東洋電化工業株式会社との共同リリース)

2006年12月26日

東洋電化工業株式会社
昭 和 電 工 株式会社

東洋電化工業株式会社(高知県高知市、社長 入交英雄、以下「東洋電化工業」)と昭和電工株式会社(東京都港区、社長 高橋恭平、以下「昭和電工」)は、昭和電工100%子会社である平成ポリマー株式会社(茨城県かすみがうら市 山田孝雄社長、以下「平成ポリマー」)の全株式を、東洋電化工業が昭和電工より2007年1月31日に譲り受けることで、基本合意いたしました。

東洋電化工業は、樹脂加工事業を戦略事業として位置づけており、グループ子会社における従来のシュリンクフィルム事業に加え、家電製品・パソコン等の外枠・部品等を製造する樹脂加工会社を昭和電工より譲り受けて、事業を強化してまいりました。東洋電化工業は、従来の樹脂加工事業との組み合わせによる相乗効果で、より一層の拡大を図るために、今般、平成ポリマーの全株式を譲り受けることを決定しました。

東洋電化工業は、特殊アロイやカーバイド等の製造・販売および合金鉄の開発輸入を行うとともに、グループ子会社において、樹脂加工事業を、日本・中国・台湾・タイ・シンガポール等東南アジアにて積極的に展開しております。

平成ポリマーは、食品・飲料・医療容器用途のラミネートフィルム製造工程で使われる接合フィルム、レジャーシート等の生活資材や管・ケーブル等の埋設工事において埋設物への注意を喚起するための標識シート用クロス等を製造・販売する樹脂加工会社です。標識シートの国内シェアはトップクラスの地位を占めています。

東洋電化工業は、平成ポリマーの経営陣・従業員・工場を引き継ぎ、経営資源を積極的に投入して、平成ポリマーのフィルム・クロス事業を含めた、樹脂加工事業の拡大に努めます。

以上

◆ 本件に関するお問い合わせ先:
東洋電化工業(株) 経営企画室 088-834-4800 昭和電工(株) IR・広報室 03-5470-3715

<各社概要>

東洋電化工業株式会社

本社所在地 高知県高知市萩町2-2-25
設立 1919年4月
資本金 3億円
代表取締役社長 入交 英雄
事業内容 特殊アロイ、高炉製鉄用添加剤、カーバイド等の製造・販売、合金鉄の開発輸入

昭和電工株式会社

本社所在地 東京都港区芝大門1-13-9
設立 1939年6月
資本金 1105億円
代表取締役社長 高橋 恭平
事業内容 石油化学製品、化学製品、電子・情報材料製品、アルミニウム製品等の製造・販売

平成ポリマー株式会社

本社所在地 茨城県かすみがうら市下稲吉2591
設立 1943年7月
資本金 1億円
代表取締役社長 山田 孝雄
事業内容 合成樹脂フィルム、クロスの製造・販売