トップページ>ニュースリリース>2007>2007年社長年頭挨拶要旨  “オンリーワン/ナンバーワン製品・技術へのあくなき挑戦”

ニュースリリース

2007年社長年頭挨拶要旨  “オンリーワン/ナンバーワン製品・技術へのあくなき挑戦”

2007年1月4日

-社会貢献企業の実現に向けて-

代表取締役社長
高橋 恭平

 成長に軸足をおいた中期経営計画「プロジェクト・パッション」2年目である本年、当社グループは、一段と高い利益・フリーキャッシュフローの獲得に挑戦しつつ、HD事業に続く次世代の成長ドライバーである超高輝度LED、カーボンナノファイバーなどの育成に注力します。
 「プロジェクト・パッション」の完遂に向けて、私たちはギアチェンジして力強く加速します。

●「オンリーワン/ナンバーワン製品・技術」の創出

 私たちは、これまで、有機化学・無機化学・アルミニウム加工技術の融合や他にはない新たなビジネスモデルにより、ユニークで個性的な製品、事業を生み出し、お客様から高い評価をいただいております。本年のグループ経営方針で私は、「オンリーワン/ナンバーワン製品・技術」の創出を重点課題として掲げました。私たち一人ひとりが情熱(パッション)をかたむけて取り組み、競争力向上を果たし企業価値を高めます。

●「昭和電工グループバリュー」の実践

 重点課題の達成のためには、昨年、仕事を進めるための価値基準(昭和電工グループバリュー)として定めた5つのC、1)Challenge(挑戦)、 2)Commit(約束)、3)Collaborate(協働)、4)Complete(完遂)、5)Contribute(貢献)を、たえず念頭に置いて、一人ひとりが情熱(Passion)をもって問題に対処することが必要です。私たちは、「昭和電工グループバリュー」を実践して、社会貢献企業の実現を目指します。

以上

◆ 本件に関するお問い合わせ先:
IR・広報室 03-5470-3235