トップページ>ニュースリリース>2007>光硬化性材料「カレンズMOI®EG」を開発

ニュースリリース

光硬化性材料「カレンズMOI®EG」を開発

2007年05月24日

 昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は、主に液晶ディスプレーや半導体等の電子材料分野に使用される光硬化性材料「カレンズ®」シリーズの新製品「カレンズMOI®EG(エムオーアイ・イージー)」を開発し、7月よりサンプル出荷を開始いたします。

 当社は、「カレンズMOI®」や「カレンズAOI®(エイオーアイ)」など独自のイソシアネートモノマー(注)を既に販売しています。今般、新製品「カレンズMOI®EG」を加えて品揃えを拡充し、2010年には「カレンズ®」シリーズの売上高を現状の3倍の約20億円とする計画です。

 「カレンズMOI®EG」は、当社のこれまでのイソシアネートモノマーと同様、樹脂等の材料に光硬化性を付与するための機能化合物です。当社は、お客様からの強いご要望にお応えするために、独自の分子設計技術を用い、次の3点の特長を持つ新製品「カレンズMOI®EG」の開発に成功いたしました。

(従来品「カレンズMOI®」と比較)

  • 1.“柔軟性”と“強度”という相反する性質を両立。破断強度は同等でありながら破断伸びが4.5倍
  • 2.ガラス、金属等への密着強度が5倍
  • 3.硬化性は同等を維持しつつ、硬化収縮は約6割に抑制

 これらの特長により、従来の液晶ディスプレーや半導体等の電子材料分野のみならず、表面コーティング剤や粘・接着剤等、さらに幅広い分野に使用されることが期待されます。

 「カレンズMOI®EG」に関する製法特許および関連特許は既に出願済みです。また、当社は同製品の概要を、5月30日開催予定の高分子学会において発表いたします。

(注)独自のイソシアネートモノマー:さまざまな物質と容易に反応するイソシアネート基(-N=C=O)と、重合性基とが同じ分子内に存在する当社独自のモノマー

以上

◆ お客様お問い合わせ先:
特殊化学品部 ファインケミカルズグループ 044-329-0726
(「カレンズ®」シリーズホームページ:http://www.karenz.jp/

◆ 報道機関お問合せ先:
IR・広報室 03-5470-3715

(参考)

1.「カレンズMOI®EG」の構造

2.従来品と比較した特長(カレンズMOI®、カレンズMOI®EGそれぞれを使用した硬化物の機械特性データ)

(1)柔軟性と強度の両立

カレンズMOI®EG カレンズMOI®
伸び率(%) 36 8
破断強度(MPa) 20 18
鉛筆硬度 H 3H

カレンズMOI®EGを使った硬化物(曲げた状態)

(2)密着強度の向上

(3)高い反応性と硬化収縮の減少

カレンズMOI®EG カレンズMOI®
2重結合反応性 同等
インソシアート反応性 同等
硬化収縮率(%) 3 5