トップページ>ニュースリリース>2007>大分石油化学コンビナートの設備改造工事について

ニュースリリース

大分石油化学コンビナートの設備改造工事について

2007年09月05日

-新鋭分解炉の設置により、エネルギー効率を改善-

昭和電工株式会社(社長:高橋恭平)は、大分石油化学コンビナート(大分市、代表:佐藤 栄一)の環境負荷の低減とコスト競争力の強化を主目的とする大規模な設備改造工事を実施することを決定いたしました。

具体的には、現在の分解炉7基を廃棄し、最新の高効率分解炉(エチレン年産10万トン×2基)を新設します。あわせて、分解廃熱回収の強化と前蒸留系の改造を行い、エネルギー効率の改善を図ります。これにより、エネルギー効率は現状比で約6%向上するとともに、二酸化炭素の排出削減量も年間約67千トンといたします(全量ナフサ換算)。

加えて、本分解炉は、LPG等の軽質原料からNGL、灯軽油といった重質原料も使用可能とし、更なる原料多様化を推進いたします。この改造による生産能力の変更はありません(現状エチレン年産695千トン=定修スキップ年)。2008年に着工し、2010年に予定している定期修理時に完工を予定しております。

当社は2000年に従来2系列のエチレン製造設備を1系列に統合するとともに、分解ガスのコンプレッサー等をリプレースすることによりコストダウンとコンビナート内自消比率の向上を行いました。これにより、エチレンやプロピレンなどの石油化学基礎製品の需給バランスに左右されずに高稼働を維持する体制を構築しています。

今回、廃棄を決定した分解炉については1969年以来稼動をしているため、メンテナンスにより十分な性能を維持しているものの、老朽化による修理費用の増加や最新設備に比較しての低効率が課題となっています。あわせて、当社はグローバルな取り組みとして広がりを見せる地球温暖化対策として、今回の高効率生産設備の導入を決定したものです。当社グループは、本施策を含む諸対策を実施することにより、京都議定書での温暖化ガスの削減目標6%を自力で達成いたします。

なお、本設備改造工事は(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構による平成19年度「エネルギー使用合理化事業者支援事業」として採択をされております。

以上

◆ 当件に関するお問合せ先:
IR・広報室 03-5470-3235