トップページ>ニュースリリース>2007>世界最大記録容量80GBの1.89インチハードディスクの量産開始

ニュースリリース

世界最大記録容量80GBの1.89インチハードディスクの量産開始

2007年9月7日

 昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は、本年8月より、垂直磁気記録方式(※1)による記録容量80ギガバイト/枚の1.89インチハードディスクの量産を開始いたしました。
 1.89インチハードディスクとしては、現時点で世界最大(※2)の記録容量となります。

 当社は、2005年6月に世界で初めて、垂直磁気記録方式によるハードディスクの出荷を開始し、ハードディスク記録容量の大幅な拡大を実現させました。本年上半期には、それぞれ世界最大(注2)記録容量である2.5インチ(160ギガバイト/枚)ならびに3.5インチ(334ギガバイト/枚)ハードディスクの量産も開始するなど世界をリードする技術の開発に取り組み、お客様のご要請にお応えしてまいりました。

 1.89インチハードディスクは小径のため電力消費が少ないので、従来よりポータブルメディアプレーヤー用ハードディスクドライブ(HDD)用途を中心に出荷されています。今回の80ギガバイトハードディスクは小型HDDの大記録容量化に寄与するので、ハイビジョンビデオカメラや超小型ノートPC向け等への需要が加速することが期待されます。

 大記録容量のハードディスクに対する需要は、ハイビジョン録画対応HDDレコーダーや HDD内蔵型ビデオカメラの出荷台数の増加に伴い、年々拡大しています。当社では、垂直磁気記録方式ハードディスクをお客様へスピーディーに、かつ安定的に供給できるように万全の体制を整えています。

 当社は、連結中期経営計画「プロジェクト・パッション」においてハードディスク事業を当社グループの成長を牽引する「成長ドライバー」と位置付け、積極的な投資と研究開発を推進しています。今後とも世界最大のハードディスク外販メーカーとして、質・量の両面でお客様のご期待にお応えしてまいります。

  • ※1垂直磁気記録方式:
    従来の面内記録方式がディスク面に水平に磁気を記録するのに対して、垂直磁気記録方式は縦方向に記録するため、記録密度を大幅に高めることが可能。
  • ※2世界最大:
    2007年9月6日現在、当社調べ。

以上

◆ 報道機関お問合せ先:
IR・広報室 03-5470-3235