トップページ>ニュースリリース>2007>コンデンサー用高純度アルミニウム箔の価格改定について

ニュースリリース

コンデンサー用高純度アルミニウム箔の価格改定について

2007年9月19日

 昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は、コンデンサー用高純度アルミニウム箔の圧延加工賃について、下記のとおり価格改定を行うことを決定し、今般、お客様と交渉を開始いたしました。

1. 改定の内容

  • 1.対象製品:コンデンサー用高純度アルミニウム箔の一部
  • 2.改定幅:圧延加工賃の7-15%(20-100円)の値上げ
  • 3.実施時期:2007年10月1日出荷分より

2.改定の背景

 コンデンサー用高純度アルミニウム箔は薄型テレビ、携帯電話等のIT関連製品を中心に需要が拡大しています。当社では堅調な需要に対応し、休日出勤や人員増等による生産体制の強化や、メンテナンス工事の期間の短縮化を行って増産に努めておりますが、現時点ではすべてのご注文にお応えできない状況が続いています。
 また、本製品の原料に使用される高品位のアルミニウム地金の価格が一般のアルミニウム地金の市況とは別にさらに上昇を続けていることと、燃料等に使用される重油価格や副資材等の価格上昇もあり、本製品の採算は厳しい状況となっています。
 当社ではこれまで、生産の効率化等によりコストアップ分の吸収に努めてまいりましたが、今後の安定供給体制の維持のためにも、採算の厳しい一部の製品に関してはお客様にご負担をお願いせざるを得ないとの結論に至りました。

以上

◆ 本件に関するお問合せ先:
IR・広報室 03-5470-3235