トップページ>ニュースリリース>2007>ディスプレー向け新規耐熱透明シート・フィルムを開発

ニュースリリース

ディスプレー向け新規耐熱透明シート・フィルムを開発

2007年11月1日

 昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は、このたびディスプレー分野に使用される新しい耐熱透明シートならびにフィルムを開発いたしました。これらは、当社の技術をベースにした独自の樹脂を原料としております。

 今回開発した耐熱透明シートは、熱変形温度が250℃以上と従来のアクリルシートやポリカーボネートシートに比べて高い耐熱性を持つことが特長で、全光線透過率も90%以上と良好な光学特性を有しております。さらに、表面硬度も鉛筆硬度3H以上と高く、酸、アルカリ、有機溶剤に対して良好な耐薬品性を示すなど優れた表面特性を有しております。本シートを用いることにより、ディスプレー分野における部材の安全性向上や軽量化に資することが可能となります。当社は、11月より、厚さ1.0mmシートのサンプル出荷を開始いたしますが、今後、お客様からのご要請に基づく様々な厚さのサンプルについても出荷を進めてまいる予定です。

 また、耐熱透明フィルム(厚さ100マイクロメートル)については、線膨張係数(熱膨張率を表す指標)が20ppm/℃と小さいことが特長です。本フィルムを用いると、200℃の温度に耐えられる、ガラス基板並みに電気抵抗が小さくかつ柔軟なITO(酸化インジウムスズ)透明電極の製造が可能となり、電子ペーパーや有機ELディスプレーなどのフレキシブルディスプレー向けの透明電極基材として用いられることが期待できます。本フィルムについては、 2008年にサンプル出荷を開始する予定です。

 今回開発した耐熱透明シートならびにフィルムは、11月6日から11月9日まで開催される先端材料展に出展いたします。

 当社は、推進中の連結中期経営計画「プロジェクト・パッション」において、成長ドライバーであるハードディスクや半導体プロセス材料、育成事業である超高輝度LEDやカーボンナノファイバーなどに続く、将来の当社を牽引する新製品の研究開発を進めております。IT・ケミカルズなどの6分野を戦略的市場単位(SMU=Strategic Market Units)と定めて集中的に経営資源を投入することにより、新規事業開発をさらに加速してまいります。

以上

◆ お客様お問合せ先:
技術戦略室戦略マーケティングセンター 03-5470-3296
Sdk_Rayal@sdk.co.jp
◆ 報道機関お問合せ先:
IR・広報室 03-5470-3715

(参考)


1.シート写真


2.耐熱性(熱変形温度)


3.耐薬品性
○:変化なし、△:若干の変化、×:大幅な物性変化