トップページ>ニュースリリース>2007>台湾のエレクトロニクス分野向け高純度アンモニア生産設備増強完了

ニュースリリース

台湾のエレクトロニクス分野向け高純度アンモニア生産設備増強完了

2007年12月06日

昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は、台湾・台南市にある高純度アンモニア生産子会社「台湾昭和化学品製造股份有限公司」(以下、現地子会社)における生産能力増強工事を進めてまいりましたが、このたび完工し、年産1000トンから1200トンへの引き上げを行いました。

ここ数年の東アジアにおける半導体並びに液晶パネルメーカーの生産規模拡大により、これら両分野の製造工程において窒化膜形成用ガスとして使用される高純度アンモニアの需要は急増しています。さらに近年は窒化ガリウム系LEDや太陽電池向けの出荷も増加しつつあります。現地子会社においては2005年11 月より高純度アンモニアの生産を開始し、当社グループによる台湾のお客様への安定供給体制を構築いたしましたが、今回の能力引き上げにより、供給体制の一層の強化を実現いたしました。

当社は、中期経営計画「プロジェクト・パッション」において、高純度アンモニアを含む「半導体プロセス材料」を、当社グループの成長を牽引する成長ドライバーに位置づけています。日本と台湾の2つの製造拠点より高成長が期待される東アジア市場に向けて、高品質で高純度なアンモニアを安定的にお届けすることにより、2008年には、「半導体プロセス材料」の売上を300億円に引き上げる計画です。

以上

◆ 報道機関お問い合せ先:
IR・広報室 03-5470-3715

(ご参考)生産子会社概要

会社名 台湾昭和化学品製造股份有限公司
設 立 2004年11月
所在地 (本社)台北市 (工場)台南市
資本金 70百万台湾ドル (約228百万円)
出資比率 昭和電工株式会社 80%
永聖貿易股份有限公司 10%
昭和特殊気体股份有限公司 10%
董事長 大井 敏夫
(当社 取締役執行役員 化学品事業部門長)
事業内容 高純度アンモニアの製造販売


〔工場の外観(台湾・台南市)〕