トップページ>ニュースリリース>2008>世界初・垂直磁気記録方式による小型HDD向け1.3インチハードディスクの量産開始

ニュースリリース

世界初・垂直磁気記録方式による小型HDD向け1.3インチハードディスクの量産開始

2008年1月10日

 昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は、このたび、コンパクトフラッシュ(※1)TypeⅡと同じサイズの小型ハードディスクドライブ(以下、HDD)向けに1.3インチハードディスクの量産を開始いたしました。垂直磁気記録方式(※2)による1.3インチハードディスクの量産は世界初であり、40ギガバイト/枚の記録容量は、現時点で世界最大(※3)となります。

 今回の1.3インチハードディスクを使用することにより、コンパクトフラッシュに比べて低価格での大記録容量HDDが可能となります。また、 1.89インチHDDに比べて小型・軽量のため、省電力性・耐衝撃性をさらに向上させることが可能であり、ハイビジョンビデオカメラ、携帯型音楽プレーヤー、超小型ノートPC等への需要が見込まれます。

 当社は、2005年6月に世界で初めて、垂直磁気記録方式によるハードディスクの出荷を開始し、ハードディスク記録容量の大幅な拡大を実現させました。また今回の1.3インチに加え、1.89、2.5、3.5インチハードディスクのそれぞれについて現時点での世界最大記録容量の製品を出荷中であり、お客様の大記録容量ハードディスクに対するご要請にお応えしております。

 大記録容量のハードディスクに対する需要は、動画の保存・編集を行うPC、ハイビジョン録画対応HDDレコーダーやHDD内蔵型ビデオカメラ等のCE(コンシューマーエレクトロニクス)の出荷台数の増加に伴い、各サイズそれぞれ年々拡大しています。当社では、垂直磁気記録方式ハードディスクをお客様へスピーディーに、かつ安定的に供給できるように万全の体制を整えております。

 当社は、連結中期経営計画「プロジェクト・パッション」においてハードディスク事業を当社グループの成長を牽引する「成長ドライバー」と位置付け、積極的な投資と研究開発を推進しています。今後とも世界最大のハードディスク外販メーカーとして、質・量の両面においてお客様のご期待にお応えしてまいります。

以上

  • ※1コンパクトフラッシュは、米国SanDisk社の登録商標です。
  • ※2垂直磁気記録方式:従来の面内記録方式がディスク面に水平に磁気を記録するのに対して、垂直磁気記録方式は縦方向に記録するため、記録密度を大幅に高めることが可能。
  • ※3世界最大: 2008年1月10日現在、当社調べ。

◆ 報道機関お問合せ先:
IR・広報室  03-5470-3235