トップページ>ニュースリリース>2008>2008年入社式社長訓示(要旨)

ニュースリリース

2008年入社式社長訓示(要旨)

2008年4月1日

 皆さん入社おめでとう。今年は、昭和電工グループ3ヵ年中期経営計画「プロジェクト・パッション」の最終年である。当社グループは、一昨年、昨年と本プロジェクトの経過目標を着実に達成し、かつ、史上最高益を更新してきた。本年は、「プロジェクト・パッション」の最終目標を達成するとともに、さらなる飛躍に向けた中期計画の策定に着手した。皆さんの若い力は、昭和電工グループの飛躍を担うための貴重な戦力だ。そのため、皆さんには以下のことを是非心がけてもらいたい。

1) 「随処に主となれ」

皆さんはこれからいろいろな仕事を受け持つ。常に気に入った仕事ばかりとは限らない。希望が叶えられない時があるかもしれない。その時、この言葉を思い出してほしい。何処でどんな困難な仕事を与えられようが、そこで一所懸命に取り組んでプロになれば、会社は必ず認める。そして自ずと道は拓けるだろう。

2) 「大きな夢に挑戦せよ」

我々の先輩は、約70年前に、国内で初めてアルミニウムの商業生産を開始し、また国産法による硫安肥料生産に最初に成功するなどして時代を切り開いてきた。大きな夢に果敢に挑戦し未踏の道を切り開いてゆくこの姿勢は今も昔も何ら変わらない。これは我々のDNAである。皆さんは、このDNAを早く身につけ、日々大きな夢に向かって挑戦してほしい。

3) 「多様化する国際ビジネス環境で通用する力を身につけよ」

米国・欧州・日本などの先進国を核としてきた世界経済は、BRICsや中東諸国を加えた多極的な構造へ大きく変化しつつある。当社グループのお客様も日本だけではなく世界各国にいる。グループ従業員の約半数は国外で勤務しているし、今日の入社式には外国籍の方もおられる。当社グループが今後さらなる成長を果たすためには、皆さん一人ひとりが、グローバルな視点を持ち、多様な文化・価値観・個性を尊重した上で、世界で通用する力を身につけることが必要だ。

希望と可能性に満ち溢れた皆さんを我々の仲間として迎え入れられたことを嬉しく思う。皆さんの若さ、創造力、行動力に大いに期待している。がんばってほしい。

以上

◆ 本件に関するお問合せ先:
IR・広報室 03-5470-3235