トップページ>ニュースリリース>2008>水酸化アルミニウム・アルミナ等の価格改定について

ニュースリリース

水酸化アルミニウム・アルミナ等の価格改定について

2008年6月16日

昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は水酸化アルミニウム・アルミナ・アルミナ系電融品の価格を次のとおり改定することを決定し、お客様との交渉を開始いたします。

1. 価格改定の内容

1) 値上げ幅

水酸化アルミニウム:7円/Kg以上
アルミナ:10円/Kg以上
アルミナ系電融品:15円/Kg以上

2) 実施時期

水酸化アルミニウム:2008年8月1日出荷分より
アルミナ:同上
アルミナ系電融品:2008年9月1日出荷分より

2. 価格改定の背景

 前回、水酸化アルミニウムとアルミナについては本年2月1日、アルミナ系電融品について3月1日に価格改定を実施いたしましたが、前回の改定を発表した昨年12月以降、原油価格高騰により、製造に使用する重油などの燃料コストが、前提コストよりさらに上昇しております。

 これまでの原材料などの価格上昇により当社収益は既に非常に厳しく、今回の燃料コストの上昇を吸収することは困難な状況となっています。そのため、今後もお客様への安定供給を維持していくため、今回の価格改定を実施することといたしました。

 水酸化アルミニウムはアルミナの原料となるほか、水処理用の凝集剤や樹脂向けの難燃性充填材として使用されます。また、アルミナは電力・電子・自動車部品等に、アルミナ系電融品は耐火材や研削・研磨材等のセラミックス製品の原料として使用されます。

以上

◆ お客様お問合せ先:
セラミックス事業部 第一営業部 045-453-5110
◆ 報道機関お問合せ先:
IR・広報室 03-5470-3235