トップページ>ニュースリリース>2008>小山事業所 アルミニウム鋳造工場新溶解炉を導入

ニュースリリース

小山事業所 アルミニウム鋳造工場新溶解炉を導入

2008年6月26日

 昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は小山事業所にて2007年1月より進めてまいりましたアルミニウム鋳造工場の近代化工事を完了し、本日、竣工式を行いました。今般の溶解鋳造設備などの更新により、今後、より高品質のアルミニウム製品をお客様にお届けするとともに、作業環境の改善や安全性のさらなる向上を図ります。

 小山事業所の溶解鋳造設備は主に当社がグループ内で消費する中間製品であるビレットを製造する設備です。当社はアルミニウムの鋳造から製品の加工まで一貫して手がけるメーカーであり、素材から徹底した品質管理の下で生産した製品をお客様に提供してまいりました。今回、既存の溶解炉をリプレースするとともにビレット評価装置にも最新鋭設備を導入することにより、さらに高度化するお客様からの品質要求に今後もお応えしてまいります。

 今回の新鋳造設備の生産能力は年6万トンであり、投資額は付帯する設備も含めて総額23億円です。また、最新鋭設備による生産効率の向上等によりCO2換算で年間約1万3,000トンの温室効果ガスが削減できる見込みです。

 当社はアルミニウム事業を基盤事業と位置づけ、構造改革を進め収益性の向上を目指しています。特に、レーザープリンター用シリンダーや自動車・2 輪車分野向け材料、コンデンサー用高純度アルミ箔などの競争優位性を持つ事業の拡大と強化を図るとともに、高騰が続くアルミ地金に対応した価格是正を進めています。

以上

◆ 報道機関お問合せ先:
IR・広報室  03-5470-3235


新鋳造炉