トップページ>ニュースリリース>2008>有機化学製品の国内販売価格改定について

ニュースリリース

有機化学製品の国内販売価格改定について

2008年7月9日

 昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は、酢酸、酢酸ビニル、酢酸エチル、アリルアルコールの国内販売価格改定を次のとおり行うことを決定いたしました。

1.価格改定の内容

1)値上げ幅

酢酸 10円/kg
酢酸ビニル 15円/kg
酢酸エチル 15円/kg
アリルアルコール 20円/kg

2)実施時期

2008年8月1日出荷分より

2.価格改定の背景

 有機化学製品の価格改定については、前回6月9日に発表し実施済みですが、その後、原油・ナフサ等の市況価格は引き続き上昇を続けております。このため、本製品の価格決定の前提となる国産ナフサ価格も、前回の想定より大幅に上昇するものと見込まれます。
 当社は原料価格上昇によるコストアップを合理化等により吸収するよう努めておりますが、ナフサ価格の想定以上の上昇は既に自助努力の範囲を超えており、今般の価格改定をお願いすることといたしました。

【ご参考】

想定国産ナフサ価格

前回(6月9日発表時) 80,000円/キロリットル *7月1日出荷分より
今回(7月9日時点) 90,000円/キロリットル
差異 10,000円/キロリットル

以上

◆ 報道機関お問合せ先:
IR・広報室 03-5470-3715