トップページ>ニュースリリース>2008>昭和電工グループ中国現地拠点設立10周年

ニュースリリース

昭和電工グループ中国現地拠点設立10周年

2008年8月1日

昭和電工グループ(昭和電工社長:高橋 恭平)は、2008年8月、中国現地拠点となる昭和電工株式会社上海代表処を開設して10周年を迎えます。

同代表処は当初、有機化学製品の中国市場開発を主目的として1998年8月に設立されました。その後、中国経済の驚異的な発展とともに、当社グループの中国現地における事業活動は、2代表処と12現地法人を持つまでに成長しました。現在では、当社グループの対中国取引は年間約600億円に達しております。

当社グループによる中国での事業分野は多岐に亘っております。エレクトロニクス分野においては、ハードディスクドライブやハイブリッド自動車のモーター等に使用されるネオジム系磁石用合金の生産、半導体製造工程で使用される特殊ガスの販売、使用後の特殊ガス(温室効果ガス)を吸着・分解する処理装置の製造販売を行っています。アルミニウム加工品分野では、カーエアコン用熱交換器やレーザービームプリンター用感光ドラムの生産を行い現地の日系メーカー等へ供給しています。石油化学分野では、不飽和ポリエステル成形材料・ビニルエステル樹脂の製造販売や、有機化学製品の中国への輸入を行っています。

昭和電工グループは、有機化学・無機化学・アルミ加工の技術を持つ個性的な化学企業です。これらの幅広い技術を融合させて一層の製品開発を進めることにより、中国のお客様のニーズに応えて、中国のさらなる経済発展に貢献してまいります。

なおこのたびの10周年にあたり、7月8日に、ご来賓の皆様にご出席いただき、上海において記念式典を行いました。

以上

〔記念式典にて挨拶する高橋社長〕

〔ネオジム系磁石用合金〕

◆ 報道機関お問合せ先:
IR・広報室 03-5470-3715