トップページ>ニュースリリース>2008>医療機関で排出される麻酔ガスの処理技術をスウェーデン企業に供与

ニュースリリース

医療機関で排出される麻酔ガスの処理技術をスウェーデン企業に供与

2008年8月26日

-北欧の環境先進諸国での温室効果ガス削減に貢献-

 昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は、医療機関で排出される余剰麻酔ガスの処理システム「アネスクリーン®SW」に関する技術を、スウェーデンの医療設備設計施工会社であるQmt tech ab社 (スウェーデン国 カルマル県、以下 Qmt社) に供与いたしました。このシステムが対象とする麻酔ガスの一種である笑気ガス(一酸化二窒素、N2O)は、地球温暖化の原因となる温室効果ガス(Green House Gas、以下、GHG)であり、今回、本技術を環境先進国であるスウェーデンの企業に供与することにより北欧諸国の医療機関へ採用を進めて、GHG排出量の削減に貢献してまいります。

 今回供与するのは、排出される余剰麻酔ガス中の笑気ガスを窒素 (N2)と酸素 (O2) に分解する当社独自の技術です。また、本技術を使った処理システムはコンパクトな設備となるため、既存の医療機関への設置が容易なこともこの技術の特長です。当社はQmt社に対し、「アネスクリーン®SW」に関する技術とともに、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマーク、アイスランドの各国における販売権を供与いたしました。また当社は、今後本設備において交換が必要となる触媒をQmt社へ販売してまいります。

 2004年12月、当社は「アネスクリーン®SW」の1号機を王立カロリンスカ大学附属病院(スウェーデン国 ストックホルム県)に納入し、その性能に対し関係者から高い評価を得ました。本システムの導入により同大学附属病院において、CO2換算で約1500トン/年のGHG削減効果が顕現しています。また、日本国内においては3つの大学病院に納入を行い、CO2換算で約1300トン/年のGHG排出削減に貢献しています。

 当社は地球環境に貢献する製品・技術の開発・提供により国際社会の発展に貢献することを経営理念としています。また、京都議定書で日本に求められているGHG排出量の6%削減という目標についても、当社はグループ全体として、外部から排出権を購入することなく自力で達成することを宣言しています。さらに、ポスト京都や将来の地球環境に貢献するため、さらなるGHG排出量の削減と独創的な環境技術の開発を推進してまいります。

以上

◆ 本件に関するお問い合せ先:
IR・広報室 03-5470-3235