トップページ>ニュースリリース>2008>中国における分析機器販売会社の設立について

ニュースリリース

中国における分析機器販売会社の設立について

2008年9月3日

昭和電工株式会社
昭光通商株式会社

~化学成分の分析需要が拡大する中国において営業力強化を図る~

 昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平、以下「昭和電工」)は、当社連結子会社の昭光通商株式会社(東京都港区 社長:西本 浩、以下「昭光通商」)を通じ、食品・医農薬の化学成分や水質などを分析するための機器(高速液体クロマトグラフ)用カラム(登録商標:Shodex®)を中国に販売してまいりましたが、本年12月より、上海に新たに設立する昭和電工と昭光通商の合弁会社を通じた販売体制へ移行します。これにより、技術面からのお客様へのサポートを充実させて中国での営業力を強化いたします。

 カラムは、球状の粒子をステンレス製や樹脂製の管に充填したものです。分析対象である試料(液体)をカラムの一方から注入すると、カラム内の粒子により試料が成分毎に分離され、各成分が順番に出てきます。カラムは、充填する粒子の種類により、ポリマー系とシリカ系に大別され、当社グループはポリマー系カラムを得意としております。ポリマー系は、シリカ系に比べ、分析ニーズに応じて粒子表面を変化させることが容易で、お客様のご要望に応じた各種カラムを用意することが可能です。昭和電工では、化学合成技術の強みを生かし、800種類以上のポリマー系カラムをラインアップしています。

 昭和電工は、これまでShodex®の海外販売を、市場規模が大きい米国、欧州を中心に展開してまいりましたが、最近、中国において、食品中の残留農薬の測定などの分析に対する需要が大きく伸長していることから、今回の合弁会社設立により、お客様のご期待に応えるサービス体制の一層の強化を行います。

 昭和電工グループでは、Shodex®事業をライフサイエンス分野における注力事業に位置付けています。2015年には、Shodex®事業の売上を現状の約4倍の60億円に引き上げる計画です。

以上

〔ご参考〕

(1)高速液体クロマトグラフ用カラムの概要


用途: 食品・水道水の含有物質分析、環境汚染物質分析、材料成分分析(品質管理・研究開発)等
顧客: 会社の品質管理・分析部門・研究開発部門、大学等の研究開発機関、受託分析会社等

(2)Shodex®写真

(3)現地拠点概要

会 社 名 未定
設 立 2008年12月予定
所 在 地 上海市
資 本 金 500千米ドル
資本構成 昭和電工51%、昭光通商49%
事業内容 高速液体クロマトグラフ用カラムの販売

◆ お客様お問い合わせ先:
昭和電工 特殊化学品部 分離精製グループ 044-329-0733
(Shodex®ホームページ:http://www.shodex.com/)
昭光通商 科学システム部 03-3459-5104
◆ 報道機関お問合せ先:
昭和電工 IR・広報室 03-5470-3715