トップページ>ニュースリリース>2008>世界初1.89インチハードディスクで世界最大記録容量120GBの量産開始

ニュースリリース

世界初1.89インチハードディスクで世界最大記録容量120GBの量産開始

2008年9月11日

 昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は、本年8月より、世界で初めて第4世代(※1)の垂直磁気記録(PMR)方式による記録容量120ギガバイト/枚の1.89インチハードディスクの量産を開始いたしました。1.89インチハードディスクとしては、現時点で世界最大(※2)の記録容量となります。2007年8月に量産を開始した80 ギガバイト/枚のハードディスクの磁性層に改良を加えて記録容量の拡大を図りました。当社は、2008年7月に、第3世代と第4世代の橋渡し的なタイプである記録容量200ギガバイト/枚の2.5インチハードディスクの量産も開始しており、当社のPMR方式第4世代ハードディスク量産化への対応は着々と進んでおります。

 当社は世界で唯一、1.89インチハードディスクを量産するメーカーです。今回の120ギガバイトハードディスクは、ハードディスクドライブ(HDD)の一層の小型化と大記録容量化に寄与することから、携帯音楽プレーヤー、ハイビジョンビデオカメラ、小型ノートPC向け等への需要が期待されます。

 当社は、2005年6月に世界で初めて、PMR方式によるハードディスクの量産を開始し、その記録容量の大幅な拡大を実現いたしました。今回の 1.89インチに加え1.3、2.5、3.5インチハードディスクのそれぞれについても、これまで、世界最大記録容量の製品を出荷し、お客様のご要請にお応えしてまいりました。

 当社では、ハードディスク事業において、積極的な投資を行い、世界をリードする技術の開発に取り組んでおります。今後とも世界最大のハードディスク外販メーカーとして、質・量の両面でお客様のご期待にお応えしてまいります。

以上

  • ※1第4世代:当社のPMR方式ハードディスクは、記録容量に応じて次のとおり区分できる。(2008年9月11日現在)

1.89インチ 2.5インチ 3.5インチ
第1世代 40 80 160
第2世代 60 120 250
第3世代 80 160 334
第4世代 [本件] 120 (250) (500)
(単位:ギガバイト/枚)

括弧書きは、量産準備中のもの

  • ※2世界最大:2008年9月11日現在、当社調べ。

◆ 報道機関お問い合わせ先:
IR・広報室 03-5470-3235