トップページ>ニュースリリース>2008>台湾における電子材料販売会社の設立について

ニュースリリース

台湾における電子材料販売会社の設立について

2008年9月26日

 昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は、本年9月にLED素子などの販売体制を強化するため、当社100%出資の現地法人「台湾昭和電工電子股有限公司」を設立いたしました。

 LEDランプは、搭載製品の普及が世界的に進み始めたことにより需要が急増しています。また、台湾のLEDランプメーカーは国際的な価格競争力などを背景に規模が拡大しており、それに応じてLEDランプに組み込まれる当社製LED素子の台湾における販売も着実に伸びています。当社は、新会社設立を機に、より一層のサービス体制の強化を図り、お客様のニーズに的確にお応えしてまいります。

(ご参考) 現地子会社概要

会社名 台湾昭和電工電子股有限公司
設 立 2008年9月
所在地 台北市大同区承徳路一段17号11楼之7 (営業開始は本年11月頃を予定)
資本金 10百万台湾ドル(約35百万円)
董事長 福田 俊司 (当社執行役員 エレクトロニクス事業部門長)
事業内容 電子材料の販売

以上

◆ 報道機関お問い合わせ先:
IR・広報室 03-5470-3235