トップページ>ニュースリリース>2008>ハードディスクメディア関連事業の統合について

ニュースリリース

ハードディスクメディア関連事業の統合について

2008年9月30日

 昭和電工株式会社(以下、昭和電工)と、HOYA株式会社(以下、HOYA)は、2009年1月を目処に、両社のハードディスクメディア(以下、メディア)関連事業を統合し対象事業の運営を目的とした合弁会社を設立することで基本合意しました。合弁会社の出資比率は昭和電工が約75%、HOYAが約25%を予定しており、来年1月中を目処に設立する予定です。なお、合弁会社の詳細は、決定次第改めてお知らせいたします。

 合弁会社は、昭和電工のアルミ・ガラスメディア及びメディア用アルミサブストレート事業ならびにHOYAのガラスメディア事業を統合することにより、世界展開に必要なR&D、製造、営業、販売及びカスタマー・サポートを行う事業体として機能します。この事業統合により新会社は売上高約 1,800億円の事業規模を持つハードディスクメディア専業メーカーとなります。なお、HOYAのメディア用ガラスサブストレート事業は、これまで通り HOYAにおいて事業の継続、強化をしてまいります。

 ハードディスク市場は、ノートパソコン及びデジタル家電向けを中心に今後も高い成長が見込まれております。また、ハードディスクの記憶容量については今後とも急速な増加が見込まれており、外販メディアメーカーとして、ハードディスク大容量化のための次世代磁気記録技術の研究開発力の強化と、顧客であるドライブメーカー各社次世代製品への迅速な提供を求められております。

 昭和電工とHOYAは、こうした事業環境の変化に対応し、今後の事業拡大には双方の強みを活かし、かつ効率的な事業運営を行うことが欠かせないとの判断から、このたび、事業統合することで基本合意に至りました。両社は、ハードディスクメディア事業を統合することで、両社の持つ技術力を結集し、今後のハードディスク容量の増大のための研究開発力の強化および、両社の生産拠点(国内および海外の計5拠点)の効率的な運営を図ります。これらにより、最先端の製品をいち早く市場に提供するとともに、拡大する需要に対応してタイムリーかつ効率的な生産を行うことにより、お客様のご期待にお応えしながら、健全な事業の発展と持続的な競争力の強化を目指します。

1.合弁会社概要

設立予定日 2009年1月(予定)
出 資 比 率 昭和電工 約75%、HOYA 約25%
事 業 内 容 ハードディスクメディアおよびアルミサブストレートの開発・製造・販売
売 上 規 模 約1,800億円(2007年暦年単純合算)

その他の詳細につきましては、決定次第お知らせする予定です。

2.日程

2008年11月中旬 最終契約締結(予定)
2009年1月 合弁会社設立(予定)

3.業績への影響

昭和電工については、12月期決算のため、今期の業績への影響はございません。来期以降の業績につきましては、今回の統合の進捗に従い、業績予想に織り込んでまいります。

HOYAについては、今回設立される新会社が持分法適用会社に該当するため、2009年1月から3月までの第4四半期以降の連結業績において当該部門の売上高および利益額が従来と比較して減少となることが予想されます。業績への影響につきましては、HOYAは通期の業績予想をまだ出しておらず、第3四半期決算発表時に開示を予定していますので、その際には、当該影響額を織り込んだ予想数字を開示する予定です。

4.両社の概要

以上

◆ 本件に関するお問い合わせ先:
昭和電工株式会社 IR・広報室 03-5470-3235
HOYA株式会社 総務部IR・広報 03-3952-1160