トップページ>ニュースリリース>2008>ベトナムにレアアース磁石用合金の原料製造会社を設立

ニュースリリース

ベトナムにレアアース磁石用合金の原料製造会社を設立

2008年10月8日

-高性能ネオジム系磁石用合金の原料調達体制を強化-

昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は、ベトナム社会主義共和国ハーナム省に、当社90%出資の子会社「昭和電工レアアースベトナム有限会社」(以下、新会社)を10月に設立いたしました。新会社では、11月より生産設備の建設工事に着手し、2010年4月から高性能ネオジム系磁石合金の原料であるジジムメタル(ネオジム(※1)とプラセオジム(※2)を主成分とする合金)ならびにジスプロシウムメタル(※2)、あわせて年800トンの生産を開始いたします。

高性能ネオジム系磁石は自動車向けやエレクトロニクス向けに使用されており、近い将来には風力発電向けの需要拡大も予想されるなど地球環境維持関連材料として注目を集めています。これらの拡大する用途に対応して、ネオジム系磁石の高温下での磁力特性を確保するために少量添加する必要があるジスプロシウム系の希少元素の需要も増加しています。世界のジスプロシウムの供給は、現状、江西省等の中国南部で産出されるイオン吸着鉱(※3)からの精製に主に頼っており、その安定調達と資源リサイクルは大きな課題となっています。

当社は、ベトナム国内外のレアアース混合原料やレアアース酸化物など複数種類の原料に対応可能な分離精製工程と、ジジムメタルやジスプロシウムメタル生産のための電解工程から構成される工場を建設し稼動させることにより、高性能ネオジム系磁石合金用主原料の安定調達を図ります。新会社は、2010 年に売上高20億円を目指します。

当社は、すでに当社秩父事業所ならびに中国内モンゴル自治区包頭(パオトウ)市と中国江西省贛州(ガンシュウ)市の各々の生産子会社をあわせた3拠点で年間8,000トンのレアアース磁石用合金設備を有しており、今般の新会社を、原料供給の拠点として新たに加えることにより、当社の戦略事業であるレアアース事業の一層の強化を図ります。

以上

  • ※1ネオジム(元素記号Nd):レアアースの一種。強力な磁力を持つネオジム系磁石の主要元素。
  • ※2プラセオジム(元素記号Pr)やジスプロシウム(同 Dy):レアアースの一種。ネオジム系磁石に添加される。
  • ※3イオン吸着鉱:蛍光体用のイットリウム、ユウロピウム(元素記号 Eu)や磁石用のネオジム、ジスプロシウム等を含有する鉱石であり、中国江西省を中心とした南部地域に分布する。

【ご参考】

1.新会社 概要

(1)社 名 昭和電工レアアースベトナム有限会社
(2)所 在 地 ベトナム社会主義共和国 ハーナム省 ドンバン2工業団地
(首都ハノイより南方約40キロで国道一号線沿い)
(3)資 本 金 6,360千米ドル(約7億円)
(4)設 立 2008年10月1日
(5)出資比率 昭和電工株式会社 90%
東海貿易株式会社 10%
(6)事業内容 ジジムメタル、ジスプロシウムメタル等レアアース磁石用合金原料の製造販売
(7)社 員 数 約130名
(8)代 表 者 会長 海老沼 彰(昭和電工株式会社レアアース事業部長)
社長 村上 大憲(昭和電工株式会社レアアース事業部)

2.東海貿易株式会社 概要

(1)社名 東海貿易株式会社
(2)本社所在地 東京都港区赤坂二丁目16番13号
(3)資本金 10百万円
(4)設立 2005年4月
(5)業種 貿易
(6)代表取締役社長 三井 元

3.当社のレアアース事業

合金事業 日本 昭和電工秩父事業所 年間生産能力 5,000トン
中国 包頭昭和稀土高科新材料有限公司 1,000トン
贛州昭日稀土新材料有限公司 2,000トン
合計 8,000トン
合金原料事業 ベトナム 昭和電工レアアースベトナム有限会社 800トン

◆ 報道機関お問合せ先:
IR・広報室 03-5470-3235