トップページ>ニュースリリース>2008>環境対応溶剤 酢酸ノルマルプロピルを事業化

ニュースリリース

環境対応溶剤 酢酸ノルマルプロピルを事業化

2008年10月23日

 昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は、今般、特殊グラビア印刷用インキの溶剤として使用される酢酸ノルマルプロピル(以下、NPAC)の事業化を決定しました。生産設備については一部既存設備を活用しつつ2009年末までに完成し、2010年初より製品の販売を開始する予定です。

 特殊グラビア印刷は濃淡などの色表現性に優れていることから、色彩ゆたかな深みのある印刷画像が求められる菓子や冷凍食品などの外装フィルムに主に使用される印刷方式です。現在、この印刷方式に用いられるインキ溶剤としてはトルエンやMEK(メチル・エチル・ケトン)が多く使用されていますが、それらに代わる酢酸エステル系の溶剤として、安全性が高く、代替使用の容易なNPACの需要が近年急速に伸びつつあります。また、大気汚染防止法の改正により揮発性有機化合物の排出規制が強化されたことから、溶剤の回収に適した二成分系溶剤を使用する特殊グラビアインキが検討されており、その際の主溶剤として使用されるNPACが注目されています。

 その他にも、接着剤や光学フィルムの分野、抽出溶剤としての需要も期待され、2015年に国内需要は現在の約3倍となる3万トンに達するものと見込まれます。今後の需要の伸びに対してその供給量が充分ではなく、将来的に不足することが予想されること、当社は今回の事業参入を決定いたしました。

 今回生産するNPACは、当社大分コンビナートにおいて、特殊樹脂等の原料として生産しているアリルアルコールの中間体を原料とします。したがって必要となる生産工程は中間体以降であり、既存設備の活用が可能となります。この点が当社製法の競争力の源泉であり、比較的小規模な設備投資にて対応できることから、将来の需要に応じて生産能力を増やすことも視野に入れております。

 当社はこれまで、インキや塗料などの溶剤として広く使用されている酢酸エチルを、世界トップクラスの生産能力を持つメーカーとして、インキ製造業界や印刷業界に向けて、広くご提供してまいりました。今回、当社溶剤の品揃えに上記の特色を持つNPACを加えることにより、食品の安全性向上や作業環境の改善など、多様化・高度化するお客様のニーズに的確にお応えしてまいります。

以上

◆ お問い合わせ先:
IR・広報室 03-5470-3235