トップページ>ニュースリリース>2008>「次世代育成支援対策推進法」認定マーク(愛称「くるみん」)を取得

ニュースリリース

「次世代育成支援対策推進法」認定マーク(愛称「くるみん」)を取得

2008年10月24日

~仕事と家庭の両立支援への取り組みを推進~

 昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は、10月15日に、「次世代育成支援対策推進法」の認定マーク(愛称「くるみん」)(※1)を取得いたしました。


「くるみん」マーク

 同マークは、2005年4月に施行された「次世代育成支援対策推進法」に基づいて、企業など事業主が社員の子育て支援のための行動計画(※2)を策定・実施し、その基準に適合すると認定された事業主に付与されます。

 今回の認定マーク取得は、当社が2005年に策定した第1期一般事業主行動計画で掲げた目標を達成し、基準に適合したと認められたものです。

【第1期行動計画の概要と実績】 (期間:2005年4月1日~2008年8月31日)

目標
  • 男性社員を含めた育児休業制度の改定と利用環境整備
  • 仕事と子育ての両立支援制度の新設・拡充
  • 育児や介護等のために退職した社員の再雇用制度の導入
  • 性別役割分担意識等の是正および働き方に関する意識改革の促進
実績
  • 女性社員の育児休業取得率100%(2006年~)を達成・継続
  • 男性社員が育児休業を取得
  • 育児短時間勤務・子の看護欠勤の取得期間を延長
  • 子の学校行事への参加を積立休暇の取得要件に追加
  • 退職者再雇用制度「ウェルカムバック制度」を導入
  • 「女性活躍推進チーム」を新設

 また、現在は、第2期行動計画(計画期間2008年9月1日~2013年8月31日)を策定し、働き方の見直しに資する多様な労働条件整備などの目標の達成に取り組んでいます。

 当社は、性別・年齢・国籍などに関わらない多様な人材に活躍の場を提供し、それにより組織を活性化する「多様性を尊重した経営」をめざしています。今後も、仕事と家庭の両立支援への取り組みを推進し、多様な人材への活躍の場の提供に積極的に取り組んでまいります。

以上

  • ※1認定マーク(愛称「くるみん」):「次世代育成支援対策推進法」第13条の認定を受けた事業主が使用することができるマーク。赤ちゃんが大切にくるまれている図柄で、職場や企業ぐるみで子どもの育成に取り組もうという意味が込められています。
  • ※2「次世代育成支援対策推進法」に基づく「行動計画」:次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ育つ環境をつくるために、301人以上の労働者を常時雇用する事業主は、次世代育成支援対策のための「一般事業主行動計画」を策定し、都道府県労働局に対して届け出ることが義務付けられています。

◆ 本件に関するお問い合わせ先:
IR・広報室 03-5470-3235