トップページ>ニュースリリース>2008>昭和アルミニウム缶㈱ 2008日本パッケージングコンテスト 適正包装賞を受賞

ニュースリリース

昭和アルミニウム缶(株) 2008日本パッケージングコンテスト 適正包装賞を受賞

2008年10月29日

 昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平、以下、昭和電工)の子会社昭和アルミニウム缶株式会社(東京都港区、社長:堀町 勝、以下、昭和アルミニウム缶)は、アサヒビール株式会社(以下、アサヒビール)とともに、社団法人日本包装技術協会が主催する『2008日本パッケージングコンテスト』の適正包装賞を受賞いたしました。今回の受賞は、昭和アルミニウム缶が米国クラウン社より技術導入し、アサヒビールと共同で日本市場向けに改良を行った軽量アルミ缶蓋『スーパーエンド®』に対して贈られたものです。
 スーパーエンド®は、独自の形状設計によって耐圧強度を高め、缶蓋の表面積と厚さを減らし軽量化を実現した製品です。 現行のサイズ (206径) における既存形状の缶蓋との比較において、スーパーエンド® は1枚あたり約9%軽量となるため、製造工程および輸送時などにおける温室効果ガスの発生をCO2換算で年間約9千トン削減する効果があります。また、貴重な資源であるアルミニウム使用量の削減にも貢献いたします。さらに、実際に缶飲料を購入されるお客様にご満足をいただけるように、感性工学と人間工学に基づき「飲みやすさ」、「注ぎやすさ」、「開けやすさ」を追求した設計としています。

 昭和アルミニウム缶は、1969年に日本で最初にアルミ缶を製造したパイオニア企業です。今後もお客様にご満足いただける製品の開発を進めていくと共に、効率化・省資源化などによって地球環境に貢献してまいります。

 日本パッケージングコンテストは、優れたパッケージとパッケージ技術の開発ならびに普及を目的として開催される包装分野における国内最大のコンテストです。適正包装賞は、特に環境問題や消費者の要請に応える機能性をもち、かつ省資源、省力化などを実現したパッケージに与えられるものです。

206径:現行使用されている缶蓋のサイズの呼称(直径サイズが約6cm)

以上


【スーパーエンド®】


『2008日本パッケージングコンテスト』適正包装賞 賞状

◆ 報道機関お問合せ先:
IR・広報室 03-5470-3235