トップページ>ニュースリリース>2008>東長原事業所ホスゲン関連施設の操業再開について

ニュースリリース

東長原事業所ホスゲン関連施設の操業再開について

2008年10月30日

昭和電工株式会社

 去る8月9日、弊社東長原事業所(福島県会津若松市)で発生しましたホスゲン漏出事故により、近隣の皆様をはじめ関係する多くの皆様にご迷惑ご心配をおかけしましたことを、改めて深くお詫び申しあげます。

事故発生以来、行政各機関のご指導をいただきながら、抜本的な再発防止策を講じてまいりました。改善対策が終了しました一部施設につきましては、10月2 日に、福島県会津地方振興局より使用再開許可をいただき操業を再開しております。操業を停止していた残りの施設につきましても、対策完了を同局にご確認いただき、本日、使用再開の許可をいただきました。この間、地域住民の皆様には、緊急時の住民の方への通報連絡改善を含む再発防止対策の内容についてご理解をいただくため、説明会および現場見学会を重ねて実施してまいりました。
 これを受け、明10月31日より、本日許可をいただいた施設につきましても操業を順次再開する所存でございます。

 これまでの抜本的対策に加えて、今後、従業員への教育と連絡・通報に関する訓練を定期的に行い、二度とこのような事故を発生させないよう徹底してまいります。

以上