トップページ>ニュースリリース>2008>液化アンモニア「エコアン®」 東北圏物流基地を福島県相馬港に新設

ニュースリリース

液化アンモニア「エコアン®」 東北圏物流基地を福島県相馬港に新設

2008年11月10日

 昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は、このたび、火力発電所などで使用される液化アンモニアの物流拠点を福島県新地町の相馬港に新設することを決定いたしました。福島県、新地町、当社ならびに当社100%子会社の販売子会社である丸昭興業株式会社(本社:宮城県岩沼市、以下、丸昭興業)の4者は、本日、新物流基地立地に関する基本協定書に調印いたしました。

 当社は、川崎製造所(川崎市)において、液化アンモニア「エコアン®」を製造しています。使用済みプラスチックを原料の一部として製造する「エコアン®」は、大手電力会社よりグリーン調達品としての認定をいただいており、火力発電所等の排煙に含まれる窒素酸化物(NOx)の除去に使用されています。このほか、ナイロンやアクリロニトリル等の合成繊維製造、自動車・建機部品の金属表面処理など一般工業用途をはじめ肥料用途などに幅広く使用されております。
 現在当社では、液化アンモニア「エコアン®」を、丸昭興業が所有し運営する物流基地(宮城県岩沼市)を使用して東北圏のお客様へ配送しています。東北圏における当社の液化アンモニア販売量が火力発電所向けを中心に着実に増加し、内陸に立地する現行物流基地の液化アンモニア入出荷機能が限界に近づきつつあります。今般、当社と丸昭興業は、船舶輸送が可能な臨海部に新たに基地を設けて輸送効率を高めるとともに、販売量増加に対応できる供給体制を強化し、お客様のさまざまなニーズにお応えしてまいります。
 当社と丸昭興業は、2009年1月に新基地の建設工事に着手し、同年8月より運営を開始いたします。また、丸昭興業本社機能の新基地への移転も併せて行います。福島県からの用地取得を含め、新基地建設のための投資額は約10億円を見込みます。

以上

〔新基地概要〕

所在地 福島県新地町今泉字新港2地内(相馬港5号埠頭福島県分譲地内)
敷地面積 約10,000㎡
取扱品目 液化アンモニア、アンモニア水

〔「エコアン®」タンクローリー〕

◆ 報道機関お問合せ先:
IR・広報室 03-5470-3235