トップページ>ニュースリリース>2008>「カン・オブ・ザ・イヤー 2008」ブロンズ賞を受賞

ニュースリリース

「カン・オブ・ザ・イヤー 2008」ブロンズ賞を受賞

2008年11月17日

 昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)の子会社である昭和アルミニウム缶株式会社(社長:堀町 勝、東京都港区、以下 昭和アルミニウム缶)は、世界的に権威のある金属容器のコンテストである「カン・オブ・ザ・イヤー 2008」の2ピース飲料缶部門ブロンズ賞を受賞いたしました。

 「カン・オブ・ザ・イヤー」はイギリスの容器関係の専門誌「ザ・カンメーカー」が主催する、その年の優れた金属容器を表彰するコンテストです。本年9月にポーランドのワルシャワで開催された「カンメーカー・サミット 2008」において授賞式が行われました。

 昭和アルミニウム缶は、レーザー製版技術である「ニュー・レタープレス・システム」を業界に先駆けて実用化しました。この技術は、飲料缶の表面に印刷される果物、液体、人物などのリアルな再現や、デザインにおける精細なグラデーションを可能とするものであり、今回、この技術を使用して印刷した飲料缶が受賞の対象となりました。

 「ニュー・レタープレス・システム」は、レーザーダイレクト製版技術と画像設計技術を昭和アルミニウム缶独自のノウハウにより融合したものです。このシステムの特長は、レーザーでダイレクトに外面印刷に使用する版を製版することにより、印刷精度を従来の上限である120lpi (※1)から、175lpiまでに向上させたことです。書籍や雑誌などに求められる印刷レベルから、カタログや写真雑誌レベルの精密でいきいきとした印刷を実現し、より消費者に訴求する缶のデザインが可能となりました。また、缶の印刷に使用されるドライオフセット印刷(※2)の画像設計には、従来、汎用の画像処理ソフトが使用されていましたが、このシステムではフレキソ印刷(※3)に用いる印刷専用の画像処理ツールを使用可能といたしました。これにより、画像処理にかかる時間を短縮化し、作業効率が大幅に改善いたしました。

 さらに、「ニュー・レタープレス・システム」の導入は、印刷の高精度化や作業効率の改善だけではなく、製版工程の短縮化やデジタル化、コストダウンなどのメリットもあります。このため、昭和アルミニウム缶で使用する版は、現状すでに約7割がこの方式に移行しております。今後は円筒状の版の生産にも「ニュー・レタープレス・システム」を採用し、印刷効率をさらに向上させていく予定です。

 昭和アルミニウム缶は、1971年に日本で初めてアルミ缶を製造したパイオニア企業として、これまでアルミ缶業界の数多くの技術革新をリードしてまいりました。今後とも、高度な印刷技術によるデザイン性を高めた飲料缶や省資源・省エネルギーに貢献する軽量化技術を開発するとともに、タイムリーなデリバリーやコストダウンを進めることにより、引き続きお客様のご期待にお応えする製品をご提供してまいります。

以上

  • ※1lpi (line per inch):
    印刷の精度を表す尺度。120lpiは雑誌や書籍、175lpiはカタログ、写真雑誌などの印刷に用いられるレベル。
  • ※2ドライオフセット印刷:
    チューブ、アルミ缶、DVD等の商業印刷で使われる印刷方法。版から直接印刷するのではなく、ブランケットという多層構造のゴムシートに一度転写してから印刷する方式がオフセット印刷。一般のオフセット印刷が水を使った平版(PS版)に対して、水を使わない凸版を使う方式をドライオフセットとして区別している。
  • ※3フレキソ印刷:
    主にダンボールや包装用の紙、フィルムなどの商業印刷に使われる印刷方法。版(凸版)から直接、フィルム等に印刷されます。

<ご参考>

「カン・オブ・ザ・イヤー 2008 (Can of the year 2008)」は、金属容器を11部門に分け表彰する世界で最も権威ある賞です。昭和アルミニウム缶の事業に関わる部門としては、今回受賞した2ピース飲料缶のほか、蓋およびキャップ、ボトルの部門があります。

◆ 本件に関するお問い合わせ先:
IR・広報室 03-5470-3235