トップページ>ニュースリリース>2008>エレクトロニクス分野向け高純度アンモニア事業を強化

ニュースリリース

エレクトロニクス分野向け高純度アンモニア事業を強化

2008年11月20日

-日本、台湾に続く第3の製造拠点を中国に設置・台湾拠点の生産能力引き上げ完了-

 昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は、エレクトロニクス分野向けに需要が伸びている高純度アンモニア事業について、中国浙江省 衢州(クシュウ)市に、当社51%出資の合弁会社「浙江衢州巨化昭和電子化学材料有限公司」(以下、新会社)を設立いたします。設立後、直ちに生産設備の建設工事に着手し、2009年6月までに高純度アンモニアの生産を開始いたします。年産能力は500トンの予定です。
 また既に、台湾・台南市にある高純度アンモニア生産子会社「台湾昭和化学品製造股有限公司」における能力増強工事を完工させて年産能力を1,200トンから1,500トンへ引き上げました。これらにより、伸長する東アジアの高純度アンモニア市場において、当社の事業基盤の強化を図ります。

 新会社には、中国側から、中国浙江巨化股有限公司ならびにその関係会社である浙江晋巨化工有限公司(以下、晋巨化工)の2社が合計で49%出資します。新会社は、原料の工業用アンモニアや電力等ユーティリティーの供給を晋巨化工より受けて、当社の精製技術を使って高純度アンモニアを製造し、その全量を当社グループ会社へ販売いたします。
 中国エレクトロニクス産業の成長により、同国における高純度アンモニアの需要は急激に増加していることから、当社は、同国に製造拠点の設置と製品の運搬に必要な容器の整備を進めて、旺盛な需要に確実に対応できる体制を整えます。将来の需要の動向に応じて2010年末までに新会社の生産能力を1,000トンに引き上げる検討も併せて進めてまいります。

 高純度アンモニアは、エレクトロニクス分野における窒化膜形成用ガスとして、半導体、液晶パネル、窒化ガリウム系LED等の製造工程で使用されており、最近では、多結晶シリコン系太陽電池向けの出荷も増加しています。
 このたびの事業強化策により、当社の高純度アンモニア事業は、すでに稼働中の当社川崎製造所(川崎市)ならびに台湾の生産子会社に、新会社を加えた3拠点体制となります。当社は、東アジア地区における高純度アンモニアの安定供給の強化を実現し、戦略事業である半導体プロセス材料事業の一層の拡充を図ってまいります。

以上

【ご参考】

1.新会社概要

(1)社名 浙江衢州巨化昭和電子化学材料有限公司
(2)所在地 中華人民共和国浙江省衢州市(上海より南西約350キロ)
(3)資本金 3,000万人民元(約4億8千万円)
(4)設立 2008年11月
(5)出資比率 昭和電工株式会社 51%
中国浙江巨化股有限公司 29%
浙江晋巨化工有限公司 20%
(6)事業内容 高純度アンモニアの製造販売
(7)社員数 約20名
(8)董事長 大井 敏夫(当社 取締役執行役員 化学品事業部門長) 

2.中国側出資会社概要

中国浙江巨化股有限公司

(1)本社所在地 中華人民共和国浙江省衢州市
(2)資本金 5億5680万人民元 (約89億円)
(3)設立 1998年
(4)業種  化学品の製造販売
(5)董事長 叶志翔

浙江晋巨化工有限公司

(1)本社所在地 中華人民共和国浙江省衢州市
(2)資本金 3億5000万人民元(約56億円)
(中国浙江巨化股有限公司およびそのグループ会社合計が60%出資)
(3)設立 2008年
(4)業種 化学品の製造販売
(5)董事長 王峰涛

以上

◆ 報道機関お問合せ先:
IR・広報室 03-5470-3235