トップページ>ニュースリリース>2009>NEDO技術開発機構プロジェクトによる光触媒の量産試作を開始

ニュースリリース

NEDO技術開発機構プロジェクトによる光触媒の量産試作を開始

2009年1月28日

 昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)の連結子会社昭和タイタニウム株式会社(富山県富山市、社長:戸澤 滋)は、独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO技術開発機構)がこのたび新たに開発した可視光型光触媒について、パイロット生産設備を設置し量産化を行うことにいたしました。

 本触媒は紫外光型光触媒と異なり可視光型光触媒であることから、これまで十分な効果が得られなかった室内においても空気浄化、防汚、抗菌、抗ウィルス等の機能を発揮するため、新型インフルエンザ対策などへの有効性が期待されております。

 当社は、今回の試作設備の稼動により本触媒の量産技術を確立するとともに、環境関連分野における有力技術であり日本が最先端を行く光触媒に関して、今後、より一層研究開発を深化させ、さらなる事業拡大を図ってまいります。

以上

◆ お問い合わせ先:
IR・広報室 03-5470-3235

【添付資料】 NEDO技術開発機構プレスリリース「世界最高クラスの性能を持つ光触媒の量産化に成功」 (PDF 67KB)