トップページ>ニュースリリース>2009>昭和電工㈱産業ガス事業の昭和炭酸㈱との連携強化について

ニュースリリース

昭和電工(株)産業ガス事業の昭和炭酸(株)との連携強化について

2009年2月2日

昭和電工株式会社
昭和炭酸株式会社

 昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平、以下「昭和電工」)と昭和電工の連結子会社である昭和炭酸株式会社(東京都千代田区 社長:藤井 豊春、東京証券取引所市場第二部上場、以下「昭和炭酸」)は、4月1日より昭和炭酸を中核として、昭和電工グループの酸素・窒素・アルゴン・水素などの産業ガス事業を展開していくことで合意いたしました。

 昭和電工は、幅広い分野で使用される酸素・窒素・アルゴン・水素などの産業ガスを複数の拠点で生産を行っております。昭和炭酸は、日本全国に16 の販売拠点を所有し、液化炭酸ガス・ドライアイスに加えて一部産業ガスを販売しており、お客様のご要望に応じたきめ細かな営業体制と製品の安定供給体制を確立しております。
 昭和電工は、産業ガス事業の運営体制について今後は昭和炭酸を中核とし、その販売チャンネルを活用することにより営業力を強化して、お客様のご要請にお応えしてまいります。

 両社は川崎地区において、これまでも昭和電工のアンモニア製造プロセスより副生される粗炭酸ガスを、国内最大生産能力を持つ昭和炭酸の液化炭酸ガス・ドライアイス工場の原料として有効利用する等生産面において密接な関係にあり、今般の販売面での連携により一層の事業競争力の強化を図ります。昭和電工は産業ガス事業を、昭和炭酸の炭酸ガス事業とともに、昭和電工グループにおける基盤事業の一つに位置づけております。両社は、今般の連携強化を通じて双方の経営資源を有効活用することにより、グループ全体のガス事業の拡大強化を目指します。

以上

◆ 報道機関お問合せ先:
昭和電工 IR・広報室 03-5470-3235
昭和炭酸 総務部 03-3237-2355