トップページ>ニュースリリース>2009>経済産業省植物工場モデル施設への当社植物育成用赤色LED素子の採用

ニュースリリース

経済産業省植物工場モデル施設への当社植物育成用赤色LED素子の採用

2009年6月10日

昭和電工株式会社(社長:高橋恭平)は、植物育成に最適な波長光660nmを発する4元系(四つの元素から構成される)赤色LED素子の開発に成功し、本年4月よりサンプル販売を開始しております。【2009年4月2日付け当社ニュースリリースご参照】このたび、同LED素子が、経済産業省の完全制御型植物工場モデル施設の光源として採用されました。

この植物工場モデル施設は、消費者、事業者、自治体等様々な関係者に対する植物工場の認知度の向上や普及を目的として、本年1月より霞ヶ関の経済産業省別館ロビーに開設されました。当初は、人工光と太陽光が併用されていましたが、5月26日より、LED、蛍光灯、ナトリウムランプ等の人工光のみに光源を一新し、温度、湿度等の制御装置を有した完全制御型植物工場モデルにリニューアルされました。本モデル施設に装着されたLEDランプには、当社の植物育成用赤色LED素子約800個が使用されております。

植物工場は、光、温度、湿度、二酸化炭素濃度、養分等の条件を人工制御し、季節や場所に関係なく野菜等を多連続生産する仕組みです。気候変動に左右されない安定的な食料生産体制、多毛作による高い食物生産性、害虫・病気の被害を受けないことによる無農薬化等の数多くの利点から、今後国内外において植物工場の設置の拡大が予想されています。

当社は、現在推進中の経営計画「パッション・エクステンション」において、超高輝度4元系LED素子(赤色)や窒化ガリウム系LED素子(青・緑色)事業を“次世代成長ドライバー”と位置づけており、今後積極的に経営資源を投入し企業価値の向上に邁進してまいります。

以上


(植物育成用赤色LED素子を装着したLED赤色ランプと蛍光灯)

◆ 本件に関するお問合せ先:
IR・広報室 03-5470-3235