トップページ>ニュースリリース>2009>機能性高分子固体コンデンサー事業の村田製作所への譲渡について

ニュースリリース

機能性高分子固体コンデンサー事業の村田製作所への譲渡について

2009年6月22日

昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は、機能性高分子固体コンデンサー(商品名:SDK‐CAP®)事業を株式会社村田製作所(社長:村田 恒夫、以下 村田製作所)に譲渡することを決定いたしました。

SDK-CAP®は、当社独自技術により2000年に事業化した低ESR(低電気抵抗)と高耐熱性を特長とするチップ型のコンデンサーです。現在、同製品は当社小山事業所において製造を行っており、パソコンやOA機器向けに需要の拡大が見込まれております。しかしながら今後当社は、無機・金属の強みを有する化学会社としての特長を活かしリチウムイオン電池材料など環境・エネルギー分野に研究開発投資を集中していく方針であり、本事業については世界トップのセラミックスコンデンサーメーカーである村田製作所に譲渡することといたしました。

 当社がこれまで培ってきた技術やノウハウ、お客様との取引関係などを円滑に引継ぐため、当面、村田製作所と協力して事業運営を行い、最終的に年内をめどに本事業の譲渡を完了させる予定です。

 当社は現在の激変する経済環境に対応するため、中期経営計画「プロジェクト・パッション」を2010年までの2年間延長・再編し、「パッション・エクステンション」として推進中です。「パッション・エクステンション」においては、構造改革の実施による事業ポートフォリオの改善、効率的な経営資源の投入と徹底したコストダウンの実行等を重点課題として事業運営に取り組んでおります。今回の譲渡をはじめとして、今後も事業の選択と集中をより一層スピーディーに進めていくことにより、新たな経済環境下における成長軌道への回帰を着実に図ってまいります。

以上

◆ 本件に関するお問合せ先:
IR・広報室 03-5470-3235