トップページ>ニュースリリース>2009>ハードディスク記憶媒体生産拠点 昭和電工HD山形(株)の発足

ニュースリリース

ハードディスク記憶媒体生産拠点 昭和電工HD山形(株)の発足

2009年7月1日

昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は、本日7月1日、山形において、ハードディスク記憶媒体(以下、メディア)の生産拠点、昭和電工HD山形株式会社(本社:山形県東根市、社長:市川 秀夫、以下、昭和電工HD山形)を新たに発足させました。昭和電工HD山形は、当社が富士通株式会社(社長:野副 州旦)よりメディア生産会社の全株式を譲り受け発足したものです。これにより当社のメディア生産は千葉、山形、台湾、シンガポールの世界四拠点体制となります。

当社は昭和電工HD山形において、メディアの開発、生産を一層強化し、お客様にメディアを安定的に供給してまいります。また昭和電工HD山形の保有する技術的蓄積を積極的に活用し、研究開発から製造まで広範囲にわたるシナジー効果を早期に実現し、お客様の高容量化ニーズにお応えしてまいります。当社は世界最大のメディア外販メーカーとして、今後とも市場の大容量化ニーズに対応するとともに、供給力・開発力の両面においてお客様のご要望にお応えしてまいります。

以上

【 会社概要 】

社名 昭和電工HDエイチディー山形株式会社
本社所在地 山形県東根市
代表者 市川 秀夫 (昭和電工(株) 取締役執行役員HD事業部門長)
資本金 4億5000万円
出資比率 昭和電工100%
事業内容 ハードディスク記憶媒体の開発・製造・販売
従業員数 約360名


【 会社外観 】

◆ 本件に関するお問合せ先:
IR・広報室 03-5470-3235