トップページ>ニュースリリース>2009>昭和電工グループはサプライヤー企業と共同でCSR調達への取り組みを開始します

ニュースリリース

昭和電工グループはサプライヤー企業と共同でCSR調達への取り組みを開始します

2009年8月19日

昭和電工グループ(グループCEO:高橋 恭平)は、CSR活動をより一層強化してゆくために、サプライチェーンに活動の範囲を拡大し、当社グループが使用する原料や部品、設備機器等のサプライヤー企業各社と共同で10月1日より「CSR調達」への取り組みを開始いたします。

1、「CSR調達」の内容

 当社グループは本年2月に、「昭和電工グループCSR調達ガイドライン」(別紙ご参照)を制定いたしました。今回の取り組みは、サプライヤー企業各社にこのガイドラインの主旨をご賛同いただいた上で、CSR充実のために当社グループと共同でガイドラインに基づいた事業活動を進めていくことを目的としています。
 本取り組み1年目となる本年は、調達する品目や取引状況により、ガイドラインに基づいて各社の活動を自らご評価いただく「自己診断」か、当社調達担当者がお伺いして直接状況についてお尋ねする「訪問診断」かのいずれかを行っていただきます。翌年以降は、前年の診断結果によりなんらかの改善が必要と判断された場合に、対象のサプライヤー企業と当社が共同で改善に取組む「フォローアップ」を実施いたします。

2、対象サプライヤー

 今回対象とするサプライヤー企業は、調達品目や取引実績などを勘案して選定した約600社を予定しております。初年度は国内のサプライヤー企業を対象としますが、今後、海外へも拡大してゆく予定です。

3、スケジュール

2009年 8月~9月 本社および事業所においてサプライヤー企業への説明会を開催
(対象サプライヤー各社には案内状送付済みです)
10月 自己診断表を対象企業に送付(電子メールにて)
10月以降 訪問診断を随時実施(対象企業には別途案内いたします)
2010年 以降 フォローアップを実施

以上

◆ お問い合わせ先:
本リリースについて IR・広報室 03-5470-3235
調達先企業の皆様から 購買室 03-5470-3571

・【別紙:昭和電工グループCSR調達ガイドライン】(PDF 87KB)