トップページ>ニュースリリース>2009>眼鏡レンズ向けアリルエステル樹脂「SR-21」の量産開始

ニュースリリース

眼鏡レンズ向けアリルエステル樹脂「SR-21」の量産開始

2009年11月09日

昭和電工株式会社(社長:高橋 恭平)は、世界的に需要の拡大が見込まれる中屈折タイプの眼鏡レンズ向け樹脂「SR-21」の量産を2010年初めより開始いたします。

今回、量産を開始するSR-21は、当社独自技術により開発したアリルエステル樹脂であり、従来品と比較し、白色度が高いことが特長です。最近の市場動向として、より白く透明感のあるレンズが求められており、本製品はこのニーズにお応えする製品です。

加えて、SR-21は成型加工が容易であるため、レンズ製造時の生産性向上が期待できます。すでに一部サンプル出荷を行っており、お客様からは高い評価をいただいています。なお、当社大分コンビナートに現在建設中のSR-21生産設備は、原料であるアリルアルコールからの一貫生産体制になっており、高効率の生産を可能としております。

眼鏡レンズは屈折率の違いで高屈折・中屈折・低屈折の3種類に分類され、屈折率が高いほど薄型・軽量化します。人口規模の大きな中国をはじめとするアジア地区や東欧、中南米などでは所得の上昇に伴い、ガラスレンズから樹脂レンズへ、さらには、低屈折レンズから中屈折レンズへと需要がシフトしつつあります。また、高屈折レンズが主流であった日本国内の眼鏡市場においても、価格と品質のバランスのとれた中屈折レンズの需要が伸びています。これらの理由から、中屈折レンズの世界需要は今後、年率20%のペースでの増加が予想されています。当社は2010年にSR-21の売上高を20億円とし、中屈折レンズにおける本製品の世界市場シェアを40%とする計画です。

当社はプロピレンと酢酸からアリルアルコールを直接合成する独自の触媒・プロセス技術により、高い競争力を持つアリルアルコール関連事業の強化を進めています。本製品をはじめ、今後もさらなる高付加価値製品の開発を行い、多様化・高度化するお客様のニーズにお応えしてまいります。

以上

◆ お問い合わせ先:
IR・広報室 03-5470-3235